読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の人

永遠のダルマ(真理) - 智慧と神秘の奥義

「神」についての理解

前回の記事「神秘へ至る道」の中で、二つの言葉が出てきました。

 

それは、「神」と「エゴ」(自我)です。

 

神秘へと至る道の途中には、エゴ(自我)という名の扉があって、その扉の向こうに行かなれば、神秘の領域には入って行くことはできない、と書きました。

そして、その扉を開けることができる鍵を握っているのは、「神」であると。

 

私たちが、自分たちが望むように、スンナリと神秘の領域に入って行くことができないのは、まずは、「エゴ」という扉が邪魔をしているからだということがわかります。

 

それから、その「エゴ」という扉の向こうに行こうとするには、「神」の許可が必要である、ということになります。

 

それもそのはず。

 

神秘の領域は、「神」の領域であり、「人間」が入って行くことができないのは、当たり前と言えば、当たり前です。

 

それでは、まずは、「神」について、少し考えてみましょう。

 

神秘の領域に踏み込んで行くためには、「エゴ」と「神」をきちんと理解する必要がありそうです。

その性質をよく知り、理解することで、何故、その扉が開かれないのか?を理解することができます。

 

そして、その次には、どうしたら、その扉を開けてもらい、その扉の向こうに行くことができるか?についての智慧を持つことができるかもしれません。

 

何事も、何もしなければ、そのままですが、やれることをやってみて、結果を待つ方が、何もしないよりは、現状を打破できる確率が高くなります。

 

棚から牡丹餅は期待しても、起こらないでしょう。

 

何もトライしないままでいるなら、扉の手前で門前払いを受けるだけで、探求はそこで敢え無く終わってしまうことでしょう。

 

それでいいというのなら、それはそれでよいのですが、

結果を憂うことなく、トライしてみようという気持ちが、突破口を見い出すということもまた真です。

そのためには、何としてでも扉の向こうに行きたい、という強い気持ちが大切です。

 

まずは、「神」から考えてみましょう。

 

生まれてからこのかた「神」という言葉を聞いたことがない人はいないことでしょう。

しかし、「神」について詳しく知っていると自負できる人は、滅多にいないと思われます。

 

そして、現代は、科学が「神」に取って代わった時代であり、無神論者も多い世の中となっているように感じています。

そして、「神」という言葉は聞いたことがあるけれど、「神」について考えたこともないし、興味もない、という人も多いかと思います。

 

あなたにとって、「神」とはどのようなイメージですか?

 

何でも善いので、イメージしてみて下さい。

 

具体的な神さまの名前が、頭に浮かぶ人もいることでしょう。

 

その人が抱く具体的な「神」のイメージは、神秘の領域に入っていくためには、とても重要です。

 

「神」に神秘への扉を開けて頂き、「神」の領域に入って行くには、「神」について正しく理解する必要があるのは、少し考えれば、当たり前のことだということが、わかると思います。

 

神さまは、あなたにとって、どんな存在ですか?

 

『お前さんたち、遠いところから苦労して此処へやってくるが、神様を探して歩いているのかい?

大方の人は庭を眺めて満足しているだけで、庭の造り主のことを聞くのはほんの一人、二人だ。

この宇宙の美しさがわかっても、その造り主を探そうとしない。』

(大聖ラーマクリシュナ 不滅の言葉 マヘンドラ・グプタ著 より)

 

 

 

 

あなたは至高のブラフマン 無上の安息所

そしてすべてを浄化する御方

永遠至聖にして不生無始

全宇宙に遍在する元始の神

(バガヴァッド・ギーター第10章12)