永遠の人

永遠のダルマ(真理) - 智慧と神秘の奥義

「食物についての識別」について(4)

ここ数回、マクロビオティック食事療法の本から、「食物についての識別」において、知恵として活用できる部分を、抜粋してご紹介しています。

 

前回は、誰でも経験している「ストレス」の緩和方法についてご紹介しましたが、

今回は、この時期に発症するケースが多いとされている「季節性感情障害(SAD)」、いわゆる、「季節うつ」と呼ばれる症状の緩和についてご紹介させて頂きます。

 

 

『季節性感情障害(SAD)は、季節の移り変わりによって、気分や身体機能に極端な変化が現れるもので、季節的には春から夏に比べて、特に秋から冬にかけて起きやすい。

SADをわずらうと、該当期間中に、気分の落ち込み・活力の低下・短気・食欲増加・家庭や職場で仕事をこなすのが困難になるなどの症状が見られる。

砂糖・菓子・精製炭水化物などを無性に欲して、体重が20ポンドも増え、睡眠時間も通常より4時間も長くなる。

重症になると、他人を避けたり、身体障害を引き起こしたり、自殺を試みる場合もある。

症状は、8月下旬から9月上旬に現れる場合が多く、翌年3月から4月上旬まで、暗く沈んだ悲観的無感情な様相を引きずっている。

アメリカでは、1000万人もの人々にこの疾患が見られる。

そのほかに約2500万人が、比較的軽い症状である「冬のふさぎ」をわずらっている。

性別では、女性のほうが4倍もSADにかかりやすく、子どもや青年の場合、秋に学校が始まるころ、症状が発症しやすい。

現代医療では、SADを臨床的にうつ病と捉え、最近の研究は、脳内の神経伝達物質で冬季にもっとも低下するセロトニンの果たす役割の解明に焦点が当てられている。

うつを緩和するため、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)などの抗うつ剤が処方されるのが一般的である。

明るい環境を提供して視覚神経を刺激する光療法も広く用いられる。

冬季休暇に太陽が明るく照る気候地域に出かけるのもよい方法である。

南方や熱帯地域に住む人は、寒い北方地域に住む人に比べて、8倍もSADにかかりにくい。

 

マクロビオティックの観点からすれば、SADの原因は、脂肪・たんぱく質・糖分・塩分が過剰に含まれる無秩序なアメリカの標準的食事によるもので、中でも季節の推移に合わせた調整が欠如していることにある。

長く寒い冬が終わり、春になると、大地のエネルギーが立ち昇り、活性化し始め、真夏にその頂点をきわめる。

この期間、私たちは、新鮮な青菜・庭で採れた野菜・みずみずしい果物といった軽くて拡散性を持った食品をとり、軽めの調理法を用い、塩分や調味料は控えめで、水分を多めにとるようにする。

これによって、暖かく乾いた環境と太陽の降りそそぐ季節とのバランスが保たれる。

秋から冬にかけては、エネルギーが変化して、収縮し始める。

木々は落葉し、動物は冬眠に入り、雪や氷が地表を覆う。

この期間には、私たちは、滋養たっぷりの穀物・根菜・乾物などの、より強力な収縮性を持った食品をとり、いくぶん火をよく通した調理法を用い、塩分や調味料は多めに、水分は控えめにとるようにする。

これによって、寒く湿った環境と日差しの少ない季節とのバランスが保たれる。

現代的な食事法はもはや、このような季節の巡りを無視して、まったく異なる気候環境からかき集めた食品で構成されるようになった。

人々は、冬でもパイナップルやマンゴーなどの熱帯性食品を食べ、夏にステーキやチーズバーガーなどのずっしり重い動物性食品を食べている。

スーパーマーケットや自然食品店には、一年中あらゆる季節の食品が取りそろえられている。

自分が住む環境の変化に対応した食べ方をしなくなれば、自然との調和から逸脱し、多くのレベルで不均衡を経験するようになるのは、ごく自然なことである。

 

SADは、陰陽両極端な食事の組み合わせによって引き起こされ、特に肉・家禽類・卵などの油脂分やコレステロールを多く含んだ動物性食品、チーズ・アイスクリームなどの乳製品、ピザ・クラッカー・クッキー・チップスなどの堅く焼き締めた小麦粉製品、マヨネーズ・サラダドレッシングを含めてあらゆる種類の脂っぽい食品、熱帯性の果物や野菜などを大量に摂取したことによるものである。

SADの症例の大半には、新陳代謝の低下・体重の増加・性欲減退・他人との接触を避けるといった症状が見られる。

これは、熊などの動きが遅く、体が大きい陰性な動物に見られる冬眠状態と類似している。

このような傾向は、動物性・植物性の両方からの油脂分のとりすぎとともに、大量の堅く焼き締めた小麦粉製品や塩分過剰によって引き起こされる。

こうした陽性過剰のため、菓子・単糖類などを無性に欲するのが、SADの特徴である。

この疾患を解消するには、食事指針として、陰陽両極端な要因による症状のための「食事法その3」に従う。

全粒穀物・調理した野菜類、中でも秋から冬にかけての甘いカボチャ類・タマネギ・キャベツなどを使った野菜料理をとると、砂糖や単炭水化物に対する欲求が抑制される。

甘い野菜のドリンクを一か月間、毎日飲み、その後2カ月目は、一日おきに飲むと、血糖値の安定化に役立つ。

ニンジンと大根の飲物か切干大根のお茶を一週間に数回、数カ月間飲むと、体内に溜まった余剰な脂肪分の排出に役立つ。

切干大根にしょうゆ少々ふったものをとるのも効果的である。

症状を回復するには、自然に触れる機会を持つことが重要である。

できるだけ地元で採れた食材を用いるように心がけ、毎日、30分以上、戸外を歩くようにするとよい。

自分の身近な環境に見られる樹木・花々・植物・鳥のさえずりなどを識別できるように学習する。

天候のいかんにかかわらず、ガーデニング・ハイキング・近くの山や湖を散歩するのもよい。

写真撮影を趣味とするなど、このような方法はすべて、自分が住んでいる環境適応して、長い冬を乗り切るために役立つものである。

合わせて、もし臨むなら、太陽が降り注ぐ土地へ短期の旅行に出かけると、帰ってきたときには、十分その恩恵に浴し、元気を取り戻すとともに、自分が住む環境に感謝の念が湧き起こるであろう。』

 (THE マクロビオティック  久司 道夫 著)

 

 

このように見ると、体と心、そして食物は密接な関係を持っていることが、よくわかります。

 

いつもは無意識に食べている、または、好きなモノを優先して食べている食生活を、少し見直してみませんか?

 

病気治癒や予病に役立つだけでなく、「見神」への心身における準備としても、非常に役立つことと思われます。

 

心身が整うと、余計なモノが削ぎ落されるので、微細なエネルギーを感じ取りやすくなります。

 

微細なエネルギーを感じられるようになると、大きく意識が変容し始めます。

 

その状態で、グルの恩寵に与れる人は幸いです。

 

「見神」の瞬間は、自然とやって来るでしょう。

 

そのための準備(修行)は、個人がやらなくてはなりません。

 

棚から牡丹餅を期待しても、無駄です。

 

「見神」を望むなら、最低限の努力は必要なのです。

 

 

 

聖ラーマクリシュナ

「シッディとは本質をつかむこと。

”八大神通力”のシッディではないんだよ。

あのシッディのことは、クリシュナがアルジュナにこう言いなすっただろうーー『弟よ、もし八大神通力の一つでも持っていたら、その人はわたし(神)のところには来られない』と。

どうしてかといえば、神通力など持っていると高慢になって、高慢の気が少しでもあれば至聖をさとることができないからだ。

それから、プラヴァルタカ(初心者)、サーダカ(修行者)、シッダ(成就者)、シッダのシッダ(完成者)というのがある。

神様を拝みはじめたばかりの人はプラヴァウタカの段階だ。

この段階の人は額に宗派のしるし(ティクラ)をつけたり、首に数珠をかけたり、外側のことを熱心に実行する。

サーダカはずっと進んで、外見上のことにはあまり気を使わなくなる。

サーダカは神をさとることに憧れて、心の底からあの御方を呼び求め、称名をし、真剣に祈っている。

じゃあ、シッダは?

神は実在し、神だけがすべてのことをなさるのだ、という確信をもった人。

つまり、神を見た人のことだ。

シッダのシッダは?

あの御方と話をする人だ!

ただ見ただけじゃなく、親として、友だちとして、愛人として、あの御方と親しく付き合い、話し合うんだ。

木の中に火が含まれている、という信念。

一方、木から火を取りだして米を煮て食べ、満足し安心する。

この二つは別の品物だ。

霊的境涯に限界はない。

その上があり、またその上がある。」

 

「(恍惚とした様子で)ここにいるのはブラフマン智を求めている人たちだ。

無形の神の信者だ。

それも結構だね。

ブラフマン協会の協会員たちに向かって)

一つの理想(かんがえ)をしっかり持っていろ--形ある神でも、無形の神でも、そうすれば、いずれ神をつかむことができる。

そうしないとダメだ。

しっかり信仰していれば、形ある神の信者も神をつかめるし、無形の神の信者もつかめる。

砂糖のついたお菓子を正面からかじっても、横っちょからかじっても、甘いことは同じさ。

でも、しっかりした信念を持たなければだめだよ。

熱心にあの御方を呼ばなけりゃダメ。

世間の人たちが考えている神はどんなものか知ってるかい?

叔母さん連中の口ゲンカをいつも聞いている子供たちが、何かして遊んでいるとき、『神さまに誓って!』などと言う。

あの程度のものだ。

それから、キザな紳士がキンマの葉(インドの嗜好品)を噛み噛み、ステッキを手にもって庭を散歩しながら、花を一つ摘みとって友だちに言うーー『ねえ君、神は何というビューティフルな花をお造りになったものだろう!』

こんな程度のものさ。

でも、こうした俗人の気分はホンの一瞬の間のことでね、ちょうど焼けたフライパンの上の水滴のようなものさ。

一つの理想(かんがえ)をしっかり守って修行することだ。

飛び込むんだよ。

そうしなければ海の底にある宝玉は手に入らない。

水の表面でバシャバシャやっているだけでは何もつかめないよ」

 

「深く沈め。

神を愛することを学べ。

神の愛に浸れ、お前たちの祈りの言葉を聞いたがね、お前たちの協会じゃ、神さまの偉いことをやたらに言い立てるが、ありゃどういうつもりだい?--『おお神よ、あなたは大空をお創りになりました。広い広い大海をお創りになりました。

月の世界、太陽の世界、星の世界をお創りになりました』

ああいうことを言って、それほど役に立つものかねえ?

人はみな、旦那の別荘を見てびっくりする--木も花も池も部屋も、部屋の中の絵や何もかも、何とすばらしいものかと思って言葉も出ないほど感心する。

でも何人が、別荘をつくった旦那を探そうとするかね?

旦那を探すのは一人か二人だ。

神様を熱心に探せばその御方に会えるし、話も出来るんだよ--ちょうどわたしがお前たちと話をしているようにね。

ほんとだよ。

ほんとに会えるんだよ!

こう言っても--さあ、信じる人がいるかなあ!」

 

「お経の中で神様を得られるかい?

お経や聖典を読めば、せいぜいのところ、神は存在するらしいなあと感じる程度だろう。

自分で飛び込まなければ神様は会って下さらないよ。

深く飛び込んだ後で、あの御方は自分のことを知らせて下さるから、そこでいろんな疑いは晴れるんだ。

本を何千冊読んでも、口で何千回聖句をとなえても、情熱をかたむけてあの御方に飛び込まないかぎり、あの御方をつかむことは出来ないんだよ。

ただの学問だけでは人をだますことは出来ても、神をだますことは出来ない。

お経、書物、ただそれだけで何になる?

あの御方のお恵みなしには何一つどうにもなりゃしない。

だから、あの御方のお慈悲がいただけるように、一生懸命に努力することだ。

お慈悲がいただけたら、あの御方に会えるんだから、お前たちと話をして下さるんだからーー」

(大聖ラーマクリシュナ 不滅の言葉  マヘンドラ・グプタ著)

 

 

 

或る者は瞑想禅定によってそれを覚り

或る者は理論哲学(サーンキャ)を学んでそれを知り

或る者は名利を求めぬ仕事をして

それを通して至上我を見る

 

或る者はこのような霊的知識を知らなかったが

人からこれを聞いて至上者(わたし)を拝みはじめる

こうした人々も正智聞信の功徳により

生死の鎖から解放されるであろう

(バガヴァッド・ギーター第13章25ー26)

 

 

 

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡<お知らせ>♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

☆自己変容したい人

☆真理を体得したい人

☆束縛から解放され真の自由を得たい人

☆真我の目覚めを体験したい人

☆神の直接体験に与りたい人

 

など、魂の最終的な目的地に到達したい方々のために、

クンダリニー覚醒されましたシュリ・ナーナ先生から放たれるシャクティ・プラーナの恩寵に与るサットサンガ(真我の集い)、個人セッションが、毎月、各地で開催されています。

詳しくは、シュリ・ナーナ先生の公式ホームページをご覧下さい。

 

http://pranahna.com/ (真我が目覚めるとき――シュリ・ナーナ先生の公式HP)

 

シャクティ・プラーナによるシャクティ・パータは、サットサンガに6回以上参加した後、シュリ・ナーナ先生の個人セッションにて受けることができます。

 

☆また、サットサンガに6回以上参加されると、パートナーのキヨ先生の個人セッション、チャクラの浄化(活性化)セッションとサードアイ開眼セッションを受けることができ、自分の体にあるチャクラ(の強弱)を実際に体験し、浄化し、活性化することができます。

チャクラを浄化し、活性化することで、チャクラ周りの器官から放出されるエネルギーの生き生きとした循環が促され、身体における覚醒への準備を促すことができ、目覚めへの準備を整えることができます。

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

 

「食物についての識別」について(3)

「食物についての識別」について、ひとつの方法として、マクロビオティック食事療法におけるアプローチをご紹介しています。

 

私自身が、マクロビオティックを長年、実践していることで、マクロビオティックの大家である久司道夫先生の言われていることが、机上の空論などではなく、実際に、人間の体に起きていることである、と実感しています。

 

私たちの病ばかりでなく、気分や感情、思考傾向、嗜好、好き嫌い、なども、食物からの影響を多大に受けているとは、一般的には考えにくいかと思いますが、

日々口にする食物を変えることで、肉体や精神面で、大きな変化が訪れることは、マクロビオティックを実践した多くの人びとが、実際に、経験していることです。

 

これらの事実があるということを念頭に、食物が人間に与えている影響を考慮し、自己変容のための一つの手段として、実践していくことは、人生をより生きやすくすることにつながります。

また、心身共に、不要なものが削ぎ落されていくことで、自己の本質を掴むためのより良い準備となることでしょう。

 

今回は、一般人の誰でも、経験したことがあるであろう「ストレス」に対する食事面からのアプローチについて、ご紹介いたします。

 

現代社会に生きる私たちは、ストレスとは切っても切れない関係があります。

 

このストレス社会を、生き抜く智慧(手段)として、食物と心身面の密接な関係を理解し、食生活に応用することで、生きることが少しでも楽になることでしょう。

 

ヨーガの目的は、「心の制御である」とされています(ヨーガ・スートラ)

 

感情や思考のコントロールも、食物の力を借りることで、より達成しやすくなるということになります。

 

「食物についての識別」が、ヨーガの最終目標である「真の自己の発見」への道を大幅に短縮することは、間違いないでしょう。

 

 

『ストレスは、現代社会に見られる特徴である。

職場でのストレス・家庭や学校での重圧・人間関係・その他の緊張や不安などは、数多くの肉体的・精神的疾患の要因に挙げられる。

無力感・諦観などは、現代における生活の速度に起因している。

現代社会では、特にIT(情報技術)などの新しい技術や、原子力の脅威、環境破壊、薬物、アルコール、犯罪の流行といった常用な課題についていかなければならない。

人生の目的・死後の世界・カルマ・その他の哲学的関心事から湧き起こる不安感も、実在的・精神的ストレスの原因となる。

一般的な症状には、頭痛・疲労感・消化吸収の異常・背中の痛み・首や肩の痛み・心配性・短気・集中力の欠如・食欲減退・過食や偏食などがある。

従来的医療では、ストレスに対して、ジアゼパムなどの抗不安剤の投与と合わせて、精神療法・グループ療法・その他のカウンセリングが実施されている。

 

マクロビオティックの観点からすれば、ストレスは、外部からではなく、内面から発症するものである。

例えば、血糖値が下がると、締め切り期限などの外部からの刺激要因が、ストレスを引き起こす。

この感情は、体内の肉体的症状・内臓へのストレス・膵臓や肝臓をはじめとする臓器や機能の問題から発生している。

通常、健康な人なら、多少圧迫感を感じても、それを適切に処理していくことができる。

実際、そのことで、機敏さ・能率・生産性が向上し、判断力が機敏にとぎすまされ、直感的に正しい方向性を目指していけるようになる。

こうなると、不平不満をこぼさず、疲れを知らずに、朝早くから夜遅くまで働き続けることができ、ときには短期間の休息を取ることがあっても、しっかり安定して、自分が従事する物事に多大なエネルギーを傾注することができる。

戦争・自然災害・家庭や職場での困難といった正反対の状況下でも、内部に秘めた底力を発揮して切り抜けていくのである。

 

逆に、今日の人々は、座ったままの生活で軟弱に安楽にすごし、車・電話・コンピューターなどの現代技術に依存しているため、いったんそれらの機器が故障して機能しなくなると、まったくお手上げの状態に陥ってしまう。

彼らは、ほんのささいな批判をうけるだけで、粉々に砕け散ってしまい、ごく簡単な物事も処理不能になるのである。

大部分の場合、日常生活においてストレスを経験する人は、極陰性な状態にあって、血液の質が劣化し、内臓が衰弱して、機能するエネルギーや活力がたやすく欠乏してしまう。

この種のストレスは、内臓が膨張する結果、外部から圧力がかかって起きるものでる。

組織・血管・臓器は、外部からの圧力によって、膨らんだ風船のように緊張して張りつめ、結果的に柔軟性・適応性が失われていく。

別の場合、中でも低血糖症の患者の症状は、陽性要因過剰によって起きたものである。

動物性食品・焼いた小麦粉製品・塩分などのとりすぎによって、膵臓の硬化が引き起こされ、この内部へ降下する力や圧力が、血糖値を上昇させるホルモンであるグルカゴンの分泌を制限するようになる。

 

食事指針としては、前者のストレスの場合、拡散性過剰要因によって起きた症状のため「食事法その1」に従い、後者のストレスには、陰陽両極端な飲食物の組み合わせによって起きた症状のための「食事法その3」に従う。

陰性要因によって起きたストレスには、いくぶん強力な料理および調理法を用いることが望ましい。

特に、もちが効果的で、フライパンで焼く・オーブンで焼く・みそ汁にいれるなどしてとるとよい。

根菜入りセイタンシチュー・根菜入りヒジキなども頻繁にとるようにする。

梅しょう番茶を一週間に数回飲むと、エネルギーや活力の回復が促進される。

陽性要因によって起きたストレスの場合、やや軽めの料理および調理法を用いることが望ましい。

例えば、大麦・トウモロコシ・青菜などを頻繁にとるとよい。

陰陽両極要因から起きたストレスが見られる人は、甘い野菜ドリンクを毎日、一か月間飲み、その後2カ月目は、一日おきに飲むと、血糖値が安定して、不平不満や気分の揺れが緩和され、膵臓などの内臓にかかった圧力が解消される。

その他の兆候や全般的症状によって、定期的にショウガ湿布・レンコンプラスター・大根干葉の腰湯を行うなど、外部からの手当も有効である。

歩く・毎日楽しい歌を口ずさむ・その他の軽い適度な肉体的・精神的活動を行うことも、気分的なストレスや緊張の緩和に役立つ。

このような食事法・生活法の実践によって、もっとも望ましい健康状態が次第に取り戻され、興奮・挑戦・冒険に満ちあふれた生活を再び送れるようになる。

私たちは、いかなる困難に遭遇しても、自らの限りない夢を追求し続けていくことができるのである。』

(THE マクロビオティック  久司 道夫 著)

 

 

 

聖ラーマクリシュナ

「すべての人が神に惹かれるわけではないよ。

特別の器量をもった人たちがそうなるんだ。

前生から受け継いだ力やいい性格(サンスカーラ)でそうなるんだよ。

そうでなかったら、バグバザールにあれほど人がいるのに、何故あんたたちだけが此処に来るんだい?

純粋でない奴らは来やしないさ。

マラヤの風に当ったら、木という木はみんな白檀になるが、ただ、シムロとアスワッタとバニャンと、それからあと幾本かの木は白檀にならない。

あんた方は金に何の不自由もない。

ヨーガの道をしくじった人は恵まれた家庭に生まれて--また、神を求めて修行するようになる」

 

マヘンドラ・ムクジュー

「なぜ、ヨーガの道から外れるのでございましょうか?」

 

聖ラーマクリシュナ

「前生で神を求めて修行しているうちに、突然、官能の誘惑にかられた。

これに負けてヨーガの道を退転するんだよ。

そういう人は、次に、さっき言ったような生まれ方をする」

 

マヘンドラ

「それからは、どんなふうにすればよろしいのでございますか?」

 

聖ラーマクリシュナ

「欲望があって、経験したいという衝動があるうちは、解脱できない。

だから、やりたいことは何でもおやり--食べたり、着たり、女と寝たり、大いにやんなさい。

アハハハハハ、あんたはどっちがいい?

正式に結婚するのと、気ままにやるのとどっちだね?」

「何かしたいという気持ちを、そのままにしておくのはよくない。

だからわたしは、自分の心に浮かんだ希みは何でも、すぐ実行するようにしたものだよ。

バラバザールで色のきれいな菓子(サンデシュ)を見て、食べてみたいと思った。

そう言ったら人が持ってきてくれたので、しこたま食べたよ--後で腹をこわしたがね。

子供のころ、ガンガーで水浴びをしているとき、一人の少年が腰に黄金のバンドをしめているのを見た。

こんな境地になってからそのこを思い出して、ふと自分も、一度あんなバンドをしめてみたいなと思った。

ほんの少しの間しか、しめていられなかったよ。

バンドをしめたら、体のなかで何ともいえぬ嫌な霊気(ヴァーユ)がもくもくと下から上にのぼってね--きっと、金が体にさわったせいなんだね?

すぐ外して放り投げてしまった、さもなけりゃ、バラバラに引きちぎってしまっただろうよ。」

「いちど、たいへんぜいたくな金銀で縫い取りした衣装を着てみたい、という希望が湧いた。

それから、銀の水ギセルでタバコを吸ってみたい、と。

シェジョさんが、金ピカの衣装も、銀ギセルも、みんなよこしてくれた。

衣装も着た。

銀の水ギセルもいろんな格好で吸ってみた。

右に傾けたり、左に傾けたり、上向きにしたり、下向きにしたりして--。

そして、自分の心に言い聞かせたよーー”コレ、心よ、これが銀ギセルでタバコをのむということだぞ!”それから、キセルを放り投げた。

金ピカ衣装も、ちょっとの間着て脱ぎ捨てたよ--足で踏みつけて。

おまけにペッペッとツバを吐いてーー言いきかせたよーー”これがぜいたく衣装だ!

この衣装はラジャス性(三性質のひとつ、活動優位)を募らせるだけだ!”」

(大聖ラーマクリシュナ 不滅の言葉  マヘンドラ・グプタ著)

 

 

 

プルシャはプラクリティのなかにあって

その三性質(トリグナ)と関係を持つ

三性質(トリグナ)との係わり方に応じて

善または悪の子宮に宿って誕生する

 

だが肉体のなかにはもう一つ

根本主である至上霊が住んでいる

それは至上我(パラマートマー)または超魂とも言われ

生者の全活動(すべて)を監督し 許可し また経験する

 

プルシャ(個魂)とプラクリティ(物質自然)

またその三性質(トリグナ)の相互作用を理解する者は

現在どのような環境にいても

決して地上に再生しない

(バガヴァッド・ギーター第13章22ー24)

 

 

 

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡<お知らせ>♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

☆自己変容したい人

☆真理を体得したい人

☆束縛から解放され真の自由を得たい人

☆真我の目覚めを体験したい人

☆神の直接体験に与りたい人

 

など、魂の最終的な目的地に到達したい方々のために、

クンダリニー覚醒されましたシュリ・ナーナ先生から放たれるシャクティ・プラーナの恩寵に与るサットサンガ(真我の集い)、個人セッションが、毎月、各地で開催されています。

詳しくは、シュリ・ナーナ先生の公式ホームページをご覧下さい。

 

http://pranahna.com/ (真我が目覚めるとき――シュリ・ナーナ先生の公式HP)

 

シャクティ・プラーナによるシャクティ・パータは、サットサンガに6回以上参加した後、シュリ・ナーナ先生の個人セッションにて受けることができます。

 

☆また、サットサンガに6回以上参加されると、パートナーのキヨ先生の個人セッション、チャクラの浄化(活性化)セッションとサードアイ開眼セッションを受けることができ、自分の体にあるチャクラ(の強弱)を実際に体験し、浄化し、活性化することができます。

チャクラを浄化し、活性化することで、チャクラ周りの器官から放出されるエネルギーの生き生きとした循環が促され、身体における覚醒への準備を促すことができ、目覚めへの準備を整えることができます。

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

 

「食物についての識別」について(2)

前回から、「食物についての識別」について、現代では実践する人も徐々に増えてきているマクロビオティック食事療法に関する本を元に、食物が及ぼす人体への影響について、詳しくご紹介しています。

 

予病の観点からも、また、病の治療法の一つとして、マクロビオティックを実践することは効果的であるばかりでなく、

そうでない場合でも、食物の身体や心(精神)に与える影響を知り、その効果を体で体感していくことは、エネルギーの浄化につながり、やがては、「自己の本性」が目覚めていくことにつながることでしょう。

 

見神、もしくは、自己の本性を悟るためには、肉体にも心にも余分な滞りが無くなり、エネルギーがスムーズに流れるようになることが必要です。

 

仏教では、「貪・瞋・痴」を心の三毒としており、「むさぼり(必要以上に)求める心、怒りの心、真理に対する無知の心」を戒めています。

 

食物は、肉体だけでなく、心・精神にも影響を与えると、マクロビオティックの大家・久司道夫先生は書かれています。

 

スワミ・ヴィヴェーカーナンダが仰っている「食物についての識別」について、基本的なところでは、応用できる面が多いと感じますので、今回も前回の続きをご紹介させて頂きます。

 

 

『不安・疑い・懐疑・嫉妬などの感情は、脾臓膵臓・胃の不均衡と関連性がある。

こうした臓器が健全ならば、思いやり・知恵・同情・理解などがもたらされる。

潜在的不均衡に対応して、精神および心理面に見られる症状としては、単なる心配性をはじめ、全般的不安・適度な苦悩や懐疑から、深刻な自己嫌悪・自信喪失・他人への総体的疑念に至るまでさまざまある。

特に動物性食品は、不安や疑いを引き起こすもので、中でも卵・家禽類・肉・塩気の利いたチーズ・大量の魚介類などがその要因となる。

塩分や塩気の強い食品のとりすぎ・パンやチップスを含む堅く焼き締めた食品・その他の極陽性な食品・加工法・調理法なども、脾臓膵臓・胃の硬化と働きすぎを引き起こす。

他方、砂糖・その他の精製甘味料・脂っぽい食品・大量の果物や果汁・精白穀物・ミルクなどの軽い乳製品・スパイス・刺激物といった極陰性食品は、胃や消化器官の酸性過多・血糖値の不均衡・こうした中枢臓器の働きすぎにつながるものである。

 

臆病・恐怖・自信や希望の喪失・偏執症などは、腎臓や膀胱機能の不均衡と関連する。

伝統的な東洋医学では、こうした臓器の健康は、自信・勇気・直感・信頼をもたらすものとされる。

腎臓は、たんぱく質をとりすぎると働きすぎてしまい、特に卵・家禽類・肉・すべての乳製品・大量の魚介類などの動物性食品は、恐怖心を引き起こす。

同時に動物性食品は、その動物が殺された際の波動を内在している。

今日の食肉処理場の大半は過密状態にあり、食肉解体作業のラインには、恐れや恐怖の感情が伴う場合が多い。

このような状況は動物体内に過剰なアドレナリン・その他のホルモンや化学物質の分泌を起こして、それを食べる人に吸収される。

塩分や塩気の強い食品のとりすぎ・パンやチップスを含む堅く焼き締めた食品・その他の極陽性な食品・加工法・調理法なども腎臓や膀胱の硬化と働きすぎを引き起こす。

周囲の人に対する不信感・自分に対する広い範囲からの陰謀といった被害妄想など、偏執症や物事にこだわりすぎる傾向には、ほぼ間違いなく、動物性食品・動物性抽出物・塩・その他の強力な収縮性を持った物質のとりすぎが関与している。

他方、砂糖・その他の精製甘味料・脂っぽい食品・大量の果物や果汁・精白穀物・ミルクなどの軽い龍製品・スパイス・刺激物といった極陰性食品は、尿の酸性過多を引き起こし、こうした臓器の過剰な膨張やはれ・腎臓細胞の精密な網状組織の脂肪や粘液による閉塞につながるものである。

 

ヒステリー・興奮・神経過敏・神経質・その他の類似症状は、潜在的な心臓や小腸の疾患によって引き起こされる。

伝統的な東洋医学では、こうした臓器の健康は、平穏で平和な心持ち・優しさ・楽しく滑稽な表現力をもたらすものとされる。

この両臓器の不均衡は、多動症・笑いすぎ・神経質・神経過敏症など、精神・感情面の過剰表現につながる可能性がある。

しゃべりすぎ・とめどないおしゃべり、といった発話に関する問題も、心臓および循環機能と関連し、心臓の働きすぎ・高血圧・心臓の雑音が見られる場合が多い。

砂糖・チョコレート・はちみつ・その他の精製甘味料、ミルク・アイスクリーム・その他の乳製品、精白穀物、熱帯性食品、ハーブ・スパイス、大量の果物や果汁、刺激物、大量の飲物や水分、その他の拡張性食品といった極陰性食品が、この症状の主要原因となっている。

特にニンニクは、心臓を過度に刺激するため、ごくまれに少量とるのが通例とされる。

 

偏見・差別・憎悪・暴力などは、現代の特徴と言える。

一般にこのような資質は、社会的・文化的問題として、肉体的・精神的・感情的な健康状態とは切り離され、別個のものと考えられている。

しかしマクロビオティックの観点からすれば、生活方法の不均衡から生じたものと考えられ、中でも食事の不均衡がその原因である。

偏見や憎悪に潜在する根本原因は、動脈の硬化であり、このため、特に自分以外の人間・性別・年齢・人種・宗教・文化に対して偏狭で抑圧的な人生観を抱くようになる。

心臓病は、発展途上国も含めて、現代社会における退行性疾患の筆頭に挙げられている。

肉・家禽類・卵・チーズ・魚介類・その他の動物性食品は、アテローム動脈硬化症・脳とその機能に通じていて栄養を供給する動脈の硬化といった症状の筆頭原因に挙げられる。

飽和脂肪酸コレステロールを多く含む食品に加えて、塩分過剰・堅く焼き締めた食品・その他の収縮性を持った食品も、この過程に関与すると見られる。

このような食品には、冷凍食品・冷たく冷やした食べ物・オーブンで焼く・グリルする・ローストするといった極陽性な方法で調理された料理が含まれる。

こうした症状は、元来、陽性な性質ではあるが、砂糖や菓子・ミルクなどの乳製品・スパイス・アルコール類といった極陰性食品のとりすぎによってさらに助長される場合が多い。

このような拡散性を持った食品は、動物性食品と合わせて摂取される場合が大半であり、堆積された陽性要因と怒り・憎悪・偏見を伴う言動や暴力の形で、爆発的無秩序に排出する引き金となる。

陽性要因は、単独では暴力を引き起こさないのが通例で、卑劣・残酷などの収縮しすぎた硬直状態につながるものであるが、貯蔵・堆積された陽性エネルギーの放出には、極陰性なエネルギーが必要となる。

ミルク・砂糖・アルコール類・薬物などが、この代謝排出を発現させる引き金となる主な食品である。

偏見や差別は、心臓および循環組織の症状に加え、他の臓器の疾患によって引き起こされる場合もある。

肝臓や胆のうの疾患は、肝臓を硬化させ、怒りや暴力を発現させる。

膵臓脾臓・胃の疾患は、低血糖症、暴力的な気分の揺れにつながる。

肺や大腸の疾患は、呼吸困難や便秘を引き起こして、身の危険や閉塞感につながる。

腎臓や膀胱の疾患は、恐怖や他人への不信感を生み出す。

私たちは、このような感覚・思考・感情を内面の葛藤に起因するものとは捉えずに、他人を含めた外部の環境に投影している。

怒り・憎悪・偏見を内面化させた陰性形態の偏見や差別もある。

暴力的な表現を外部に表出させる代わりに、感情が内面へと向かっている。

場合によっては、自己嫌悪や強い嫌悪感が生じ、最終的には自殺の傾向に至る人もいる。

また、自分を非難する人々よりも、自分のほうがスピリットが高く、忍耐強く、正しく、勝っていると思いこむこともある。

そうした人は、現世もしくは来世で究極的には自分が勝利を勝ち取り、抑圧者はその報いを受けることになる、という幻想の中に逃げ隠れする。

マクロビオティックでは、こうした症状を陰性の傲慢と呼ぶ。

これは、陽性の傲慢と対極をなして、同じように有害であるが、そのために人間性が失われる必要はない。

ガンジーやマルチン・ルーサー・キングといった平和や非暴力運動の指導者のみならず、強制収容所から生還したり、拷問や残虐行為を受けながらも生き残った人々の存在は、状況がいかに困難でも、全人類共通の人間性を是認することが可能であることを身をもって体現しているのである。』

(THE マクロビオティック  久司 道夫 著)

 

 

一会員

「どんな方法で神にふれることができるのでしょうか?」

 

聖ラーマクリシュナ

「あの御方に恋いこがれること。

そして、そのことをいつ、どこにいても頭から離さないこと--神のみが永遠の実在で、世界は一時的なものだということを。

アスワッタの樹だけはいつまでもあるが、果実は一日二日だけだもの」

 

一会員

「色情や怒りのような激しい感情を私どもは持っておりますが、これをどうしたらよろしいでしょうか?」

 

聖ラーマクリシュナ

「そうしたら六つの情熱を、神さまの方に向けかえてやれ。

色欲は、アートマン(真我)と交わりたい欲にかえること。

神への道を邪魔するものに、怒りを向けること。

役にもたたん事物を貪る代わりに、神を手に入れようと貪欲になること。

”私のもの”、”オレのもの”と言い張りたいなら、あの御方を自分のものにすること--つまり、”私のクリシュナ、私のラーマ”という具合にね。

もし、どうしても高慢でいたいのなら、じゃ、ヴィビーシェナのまねをしたらどうだね?--私はラーマに頭を下げたのだ。この頭をほかの誰にもさげてやるものか!」

 

一会員

「あなた様はいつも、『神がすべてをなさる、あらゆることは神がさせるのだ』とおっしゃいますが、私どもは罪悪に対して何の責任もないのですか?」

 

聖ラーマクリシュナ

「アッハッハッハッハ。ドリョーダナも同じことを言ったねーー『主、わが胸に宿りたまいて、我に命ずる如く我は為すなり』と。

ほんとうに正しい信仰を持っている人ーー神こそが行動者であって、自分は全くの受動者、命令通りに動くものにすぎない、という信念をもっている人は、いわゆる罪なことを絶対にしないよ。

踊りを正しく習って熟練した人は、間違ったステップなど踏まないものだ。

心の奥まで清浄(きれい)にならないうちは、神が存在することさえ信じられないんだよ!」

タクルは礼拝堂に集まっている人たちを眺めながら、こうおっしゃった。

「時どき、こんなふうに皆で集まって神のことを考えたり、称名したり、讃歌をうたったりすることは、大そういいことだ。

だが、世間の人が神に心を向ける時間はホンの少しだーー焼けた鉄に水をふりかけるとジューッといって蒸発する。

その時間くらいなものさ!」

(大聖ラーマクリシュナ 不滅の言葉  マヘンドラ・グプタ著)

 

 

 

さて、物質自然(プラクリティ)と霊魂(プルシャ)は

ともに無始であり

変化作用(ヴィカーラー)と三性質(トリグナ)は

ともに物質自然(プラクリティ)に属している

 

プラクリティはあらゆる物質現象の

原因と結果の根源であり

プルシャは物質界の多種多様な

苦楽を経験する原因(主体)である

(バガヴァッド・ギーター第13章20ー21)

 

 

 

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡<お知らせ>♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

☆自己変容したい人

☆真理を体得したい人

☆束縛から解放され真の自由を得たい人

☆真我の目覚めを体験したい人

☆神の直接体験に与りたい人

 

など、魂の最終的な目的地に到達したい方々のために、

クンダリニー覚醒されましたシュリ・ナーナ先生から放たれるシャクティ・プラーナの恩寵に与るサットサンガ(真我の集い)、個人セッションが、毎月、各地で開催されています。

詳しくは、シュリ・ナーナ先生の公式ホームページをご覧下さい。

 

http://pranahna.com/ (真我が目覚めるとき――シュリ・ナーナ先生の公式HP)

 

シャクティ・プラーナによるシャクティ・パータは、サットサンガに6回以上参加した後、シュリ・ナーナ先生の個人セッションにて受けることができます。

 

☆また、サットサンガに6回以上参加されると、パートナーのキヨ先生の個人セッション、チャクラの浄化(活性化)セッションとサードアイ開眼セッションを受けることができ、自分の体にあるチャクラ(の強弱)を実際に体験し、浄化し、活性化することができます。

チャクラを浄化し、活性化することで、チャクラ周りの器官から放出されるエネルギーの生き生きとした循環が促され、身体における覚醒への準備を促すことができ、目覚めへの準備を整えることができます。

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

 

「食物についての識別」について(1)

以前の記事「最高の愛(バクティ・ヨーガ)- 準備のための予備訓練(1)」の中で、スワミ・ヴィヴェーカーナンダの遺されたお言葉”「食べ物についての識別」が非常に大切である”ということをご紹介しましたが、

この「食べ物についての識別」とは、具体的にどのようなものか?については、ほとんど詳しい解説は遺されていなかったため、そのままになってしまいましたが、

日常生活で実践するためには、更に詳しい説明が必要かと思われます。

 

これからご紹介いたします文は、ヴェーダンタ関連の本からではなく、日本人によって書かれたマクロビオティックの食事療法について書かれた本からの抜粋です。

 

食物の持つエネルギーやチャクラへの影響などについても書かれていますので、スワミ・ヴィヴェーカーナンダのお言葉が、より具体的に理解できるようになり、実践に活かすことができると思いますので、ご紹介させて頂きます。

 

私たちの、感情や思考傾向、性格、性癖などは、食物から多大な影響を受けているということが、詳しく解説されていますので、このことを知るだけでも「食物についての識別」においては、非常に役に立つと思います。

 

 

『私たちは、周囲の環境と調和しない生活を送ると、不均衡が生じて、次第に不調や疾患を引き起こすようになる。

第1段階は心身両面の全身疲労状態であり、倦怠・不平・明晰な思考や行為が次第になくなる・頻繁な心変わりといった症状がはっきりと現れる。

次の段階は、肉体なうずきや痛み・悲しい気分・次第に自信を失う・物忘れ・あいまいな記憶・頑固・重要でないささいなことにとらわれるといった症状である。

続く段階では、血液の質の弱体化が見られるようになる。

赤血球細胞・白血球細胞・血漿が弱まるに従って、酸性症・高血圧・低血圧・貧血・そのほかに皮膚疾患などの症状が現れる。

いらいら・過敏症・恐怖、短気・落ち込み・臆病・人生の全般的な方向喪失なども付随して見られる。

 

食事や生活様式の修正がなされず、血液の質の劣化が継続されると、怒り・せっかち・失望・過度の興奮・疑念と懐疑・引きこもり・疑念的で妄想的な信念や思考といった慢性的な感情の不均衡が起きてくる。

 

次の段階は臓器の疾患で、内臓や腺に構造的変化・機能不全・衰退が見られるようになる。

肉体的には、心臓病・がん・多発性硬化症などの退行性疾患として現れる。

精神的には、慢性的な頑固・偏見・狭量・偏狭な人生観・日常生活継続の支障として現れる。

潜在的な劣等感や優越感といった固定観念が、自己中心的考え方としてはっきりと現れるようになる。

 

退行的傾向が継続すると、次の段階として、多様な神経疾患が引き起こされる。

肉体的には、一貫性の欠如・部分的もしくは全般的まひ・その他の筋肉および骨格に見られる症状として現れる。

精神的には、否定的人生観を抱くようになり、しばしば自尊心の喪失・混沌とした言動・統合失調症・偏執症・自暴自棄や破壊的傾向が現れるようになる。

 

ついに最終段階として、利己的・自己中心・うぬぼれ・自尊心・独占的・自己正当化などを含む傲慢さが出現する。

この段階に至ると、全世界が自分に敵対するように思われ、自らの病気や困難は、自分の食事や生活様式とはまったく無関係なものと見なし、他人を操作・強制するような行動に出るか、すべてを諦めて内面世界の空想・幻想に引きこもるようになる。

 

脳は、その構造および機能において腸と関連性がある。

どちらの臓器も細く締まった長い管に多くのらせん状の回旋を伴い、腸は肉体的食べ物を処理する一方、脳は振動や波動の形で精神的食べ物を処理している。

腸に起きた問題は、正常な意識に反映されることが多い。

例えば、便秘は思考を防げ、物事の完結を困難にする。

下痢の場合は、しゃべりすぎ・とめどない発話といった言語的排出作用が、その症状に先立つか付随して見られる。

 

エネルギー中枢のチャクラも、意識および精神的・心理的過程に寄与している。

頭頂にあるクラウンチャクラは、普遍的意識をつかさどっている。

第3の眼とも呼ばれる中脳のチャクラは、直感および精神的過程の全般を統括する。

喉のチャクラは発話や表現を支配し、心臓のチャクラは感情的成長や愛情を含む総体的運命を支配している。

みぞおちにある太陽神経叢のチャクラは、肝臓・脾臓・腎臓など中間部の臓器に分岐して、知性・勇気・思いやり・忍耐などの資質をつかさどっている。

腹部にある腸のチャクラは、全般的な社会的成長を支配する。

生殖器のチャクラは、感情やスピリットを含めたあらゆるレベルの再生をつかさどっている。

 

砂糖などの極陰性食品は、精神および感情の障害を引き起こしている主要原因のひとつである。

明晰な判断力は、砂糖・チョコレート・はちみつ・その他の精製甘味料に影響される。

腸内細菌は、脳に供給されるビタミンB群の合成に関与し、グルタミン酸の形態で神経および高度な意識中枢に刺激を与えている。

単糖類はこの過程を阻害するもので、脳の細胞や組織を拡張させる結果、焦点がぼやけて、集中力や明晰な思考が失われる。

血糖値の不均衡は、幼年期から見られる場合が多く、やがて落ち込みや悲観につながる。

 

強力な収縮作用を持つ食品も、同様に感情の問題を引き起こし、特に執着心・所有欲・罪悪感を抱くようになる。

人生は、いつも順風満帆とは限らず、誰でも何らかの苦渋・苦難・不幸を経験するものである。

こうした否定的経験をうまく切り抜けられる人がいる一方で、いつまでも過去の記憶に執着してとらわれ、ことあるごとにすでに起きた出来事の追体験を繰り返す人もいる。

こうした状況は、主にパンや堅く焼き締めた小麦粉製品のとりすぎによって、脳・神経・チャクラの硬化・収縮が引き起こされ、過去の記憶が手放せなくなったものである。

肉・卵・家禽類・魚介類などの動物性食品や塩分のとりすぎも、同様に感情を内にこもらせて、解放できなくさせる。

 

しゃべりすぎや粗暴で落ち着きのない行動は、主にニンニクによるものである。

生のタマニギや長ネギ・大量のショウガ・その他のハーブやスパイスも、同様の多動症を引き起こす可能性がある。

 

極東において、怒りを表す漢字「癇癪(かんしゃく)」は、肝臓疾患を意味している。

短気・怒り・かんしゃく・攻撃的行為は、肝臓や胆のうが余剰の代謝エネルギーを混沌とした乱暴な方法で排出させて、働きすぎたり、閉塞した結果であることが多い。

対照的に、健全な肝臓や胆のうは、平穏・忍耐・粘り強さなどの落ち着いた資質と関連している。

特に動物性食品は、怒りやかんしゃくを引き起こすもので、中でも肉・家禽類・卵・チーズ・大量の魚介類などがその要因となる。

塩分や塩気の強い食品のとりすぎ・その他の極陽性な食品・加工法・調理法なども肝臓の硬化と働きすぎを引き起こす。

他方、砂糖・その他の精製甘味料・脂っぽい食品・大量の果物や果汁・精白穀物・ミルクなどの軽い乳製品・スパイス・刺激物といった極陰性食品は、肝臓の閉塞につながるか、陽性エネルギーを肝臓や胆のうに集積させて、まるで火山噴火のごとく、急速かつ無秩序に排出させるものである。』

(THE マクロビオティック  久司 道夫 著)

 

次回も、この続きをご紹介したいと思います。

 

 

『マニラルプールの信者たちは、「どのような方法で至聖(かみ)にふれることができるか、何とぞお教え下さい」と申し上げた。

 

聖ラーマクリシュナ

「すこしはお祈りや讃神歌をうたったりしなければね。

”牛乳の中にバターがある”と、ただこう言っているだけではダメだ。

凝乳にしてかきまぜていると、はじめてバターがとれるようになる。

だから時々、静かな処に独りで居ることが必要なのだ。

三日かそこらでも静かな処で独りで瞑想して、信仰をつかんでからそれから後なら、どこへなと住んでもいい。

靴をきっちり履いてからなら、いばらの茂みもやすやすと歩いて行けるからね。

一番だいじなのは信念だ。

ほしいと思うものが得られる根本は信念だよ。

信念が出来上がったら、もう何も恐れるものはない」

 

マニラルプールの信者

「はい。--ときに、グルはどうしても必要でございましょうか?」

 

聖ラーマクリシュナ

「大部分の人には必要だね。

そして、グルの言葉を信じなくてはいけない。

グルを神様だと思って見ていれば、それが出来るはずだよ。

だからヴィシュヌ派の信者たちは、グルとクリシュナとヴィシュヌは一体なり、と言っている。

あの御方の名をいつも念じていることが大切だ。

現代のような末世には、称名が最高の力だ。

物質に頼っている時代だから、昔のようなヨーガは出来ないんだよ。

あの御方の名を称えて手を拍てば、罪の鳥は飛んでいってしまうよ。

それから、誠実でまじめな人たちといつも交際していること。

ガンジス河のそばに近づくほど涼しい風が当たるようになる。

火のそばに近づくほど熱くなるだろう。

のんびりやってちゃダメだ。

世間の楽しみにうつつを抜かしている連中は、『いずれ、そのうちに神様にもお目にかかるとしよう』といった調子だがね。

わたしはケーシャブ・センに言ったよーー『息子が待ちかねてじりじりしていれば、親は予定していた三年前でも財産を分けてくれる』とね。

母親が料理している間、赤ん坊を寝かせておシャブリをくわえさせておく。

赤ん坊がおシャブリを落として泣き叫ぶと、鍋を下ろして抱きかかえて乳を飲ませてやる。

こんな話もケーシャブに聞かせてやった。

末世時代(カリユガ=物質万能主義の時代)だから、一日一夜も泣いて祈れば神様にお会いできる。

自信を持ってこう言え--『あんたが私を創ったのだから、会ってくれるべきだ!』と。

この世にいようがどこにいようが、神様は人の気持ちをちゃんと見ていらっしゃる。

この世のものに執着している心は湿ったマッチ棒みたいなもので、いくら擦っても火が付かん。

エクロビヤという人は、土で自分の師匠のドローナの像を作って、その前で弓の練習をしたそうだ。

前進しろ。

木こりは先へ先へと進んで白檀の木を見つけ、銀の山を見つけて、金の山を見つけて、まだ先へ進んでダイヤの山を見つけた。

無智な人は土壁で囲った部屋の中に住んでいるようなものだよ。

なかにも光はないし外のものも見えない。

智慧を獲て、それからこの世で暮らしている人は、ガラス張りの部屋にいるようなものだ。

内部のものも見えるし外部のものも見える。』

(大聖ラーマクリシュナ 不滅の言葉  マヘンドラ・グプタ著)

 

 

 

かれは光るものの光の源泉であり

物質性(グナ)の明暗を超えて光輝いている

かれは知識であり 知識の対象であり

知識の目的であってーー全個々(すべて)の心臓(フリディ)に住む

 

用地(肉体)と 知識と知識の対象について

わたしは簡単に説明した

いま話したことを理解するわたしの信者だけが

わたしの浄土に来ることができよう

(バガヴァッド・ギーター第13章18ー19)

 

 

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡<お知らせ>♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

☆自己変容したい人

☆真理を体得したい人

☆束縛から解放され真の自由を得たい人

☆真我の目覚めを体験したい人

☆神の直接体験に与りたい人

 

など、魂の最終的な目的地に到達したい方々のために、

クンダリニー覚醒されましたシュリ・ナーナ先生から放たれるシャクティ・プラーナの恩寵に与るサットサンガ(真我の集い)、個人セッションが、毎月、各地で開催されています。

詳しくは、シュリ・ナーナ先生の公式ホームページをご覧下さい。

 

http://pranahna.com/ (真我が目覚めるとき――シュリ・ナーナ先生の公式HP)

 

シャクティ・プラーナによるシャクティ・パータは、サットサンガに6回以上参加した後、シュリ・ナーナ先生の個人セッションにて受けることができます。

 

☆また、サットサンガに6回以上参加されると、パートナーのキヨ先生の個人セッション、チャクラの浄化(活性化)セッションとサードアイ開眼セッションを受けることができ、自分の体にあるチャクラ(の強弱)を実際に体験し、浄化し、活性化することができます。

チャクラを浄化し、活性化することで、チャクラ周りの器官から放出されるエネルギーの生き生きとした循環が促され、身体における覚醒への準備を促すことができ、目覚めへの準備を整えることができます。

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

 

 

 

 

最高の愛(バクティ・ヨーガ) - 準備のための予備訓練(5)

スワミ・ヴィヴェーカーナンダの遺されたお言葉から、「バクティ・ヨーガ」における”真のバクタ(神への信愛)”について、ご紹介しています。

 

それは、前回ご紹介しました、聖ラーマクリシュナの「昔より格段に忙しい毎日を送っている現代人には、他のヨーガ(真理にいたる道)よりも、バクティ・ヨーガを実践する方が、適している」という遺されたお言葉から、

特に「バクティ・ヨーガ」について、より詳細にご紹介することで、真理への道の短縮につながることを期して、時間をかけてご紹介しています。

 

前半は、スワミ・ヴィヴェーカーナンダの「最高の愛」から、前回の続きです。

 

後半は、スワミ・ヴィヴェーカーナンダの師(グル)であらせられる聖ラーマクリシュナのお言葉から、「見神」についての詳しい解説をご紹介いたします。

 

これらは、言葉(観念)、知識ですが、真理を悟った人びとの言葉に触れることは、それを聴く人の心にさざ波を立たせ、やがて、そのさざ波は、大きな波となって、大海を渡って行く小船である個人を、探求の最終ゴールへと導いていくことでしょう。

 

 

『バクタになる最初の課題は、そのような願い、たとえ天国に行きたいという願いであろうと、全部投げ捨ててしまうことだ。

天国は、それ自体では、ここと同じようなところ、ほんのちょっとだけよいところだろう。

私たちはここでわずかばかりの不幸と幸福を持っている。

それだけだ。

天国では、たぶん、今より少し少ない不幸と、少し多い幸福を持つのかもしれない。

そこに、ここにあるより多くの光があるわけではなかろう。

それは私たちの良い行為の結果に過ぎないだろう。

クリスチャンたちの天国の観念は強い喜びが得られる場所というものだ。

そんなものがどうして神に値するといえようか。

問題は、どうしたらそのような欲望を全部捨て去ることができるかということになる。

これらの欲望が人を不幸にする。

人間はこれらの欲望に縛られる奴隷だ。

欲望の手の中でおもちゃのようにころげ回っている操り人形だ。

私たちは、どんなものによっても打ちのめされるこの肉体をいつも気に掛けている。

だから、絶えざる恐怖の中で生きている。

鹿は、恐怖のために、平均、日に100~110キロも逃げ回らなければならないということを、何かで読んだことがある。

何キロも走りに走り、やがて立ち止まり、何かを食べる。

だが、私たちは鹿よりも悪い状態にいることを知らなければならない。

鹿はしばしば休息できるが、私たちはできない。

鹿は草を十分に食べれば満足する。

しかし、私たちはあまりにも狂い、不自然になってしまったため、自然のものは私たちを満足させない。

私たちはつねに病的なもの、不自然な刺激、不自然な食べ物、飲物、環境、生き方を追い求めている。

私たちは呼吸できるようになっている空気をまず汚染している。

恐怖についていえば、私たちの生活は恐怖の塊以外の何ものであろうか。

鹿は、虎や狼の恐怖のように一種類のものを恐れるだけだ。

人間は全宇宙を恐れている。

この状態から私たち自身を解放する方法。

これが問題だ。

実利主義者たちは立ち上って言うだろう。

「神や未来について語るのを止めよ。

それらについて私たちは何も知らないのだ。

この世で幸福に生きようではないか」と。

可能ならば、私はまっさきにそうしたい。

しかし、この世界は私たちにそうはさせてくれないだろう。

あなたがたが自然の奴隷である限り、どうしてそんなことができようか。

もがけばもがくほど、ますます巻き込まれてしまうのだ。

何のためか、何年になるかは私は知らないが、あなたがたはいろいろな計画を練ってきた。

だが、ひとつの計画の終りにはことはいっそう悪くなっているように思える。

200年前には、旧世界の人びとはほとんど欲望は持っていなかった。

救いでは、少なくとも天国では、私たちの欲望は満たされるだろうと考え、それで天国に行くことを望むのだ。

この永遠の、消えることのない渇き!

つねに何かを求めている!

人は、乞食のとき、金を求める。

金があると、他のもの、社会を求め、そのあとは、またほかの何かを求める。

休む間もない。

どうしたら、この欲望の炎を消すことができるのだろう。

天国に行ったとしても、欲望は増えるだけだろう。

貧乏人が金持ちになっても、欲望は消せない。

火に油をそそぐようなもので、火勢が強くなるだけだ。

天国に行くことは、ますます金持ちになることを意味し、そして欲望はますます強くなる。

世界中のさまざまの聖典の中には、天の神々がする人間的な遊びの物語が書いてある。

彼らはそこで必ずしも善ではない。

結局のところ、この天国に行きたいという欲望は、快楽を求める欲望である。

この欲望を放棄しなければならない。

天国に行きたいと思うことは余りにもちっぽけで、低俗すぎる。

それは、億万長者になり、人びとに君臨しようと思うのと同じことだ。

この種の天国はたくあんある。

しかし、そこを通っては宗教と愛の門にはいる権利を得ることはできないのだ。」

(最高の愛 スワミ・ヴィヴェーカーナンダ)

 

 

 

『モニ

「それでは、あの、神をつかむ、体得するとは、どういう意味なのでございますか?

それから、神を見るとか、対面するとかおっしゃいますのは、どういうことなのでしょう?

どうすればできるのでございますか?」

 

聖ラーマクリシュナ

「ヴィシュヌ派の人たちはこう言っている。

神への道を進んでいる人びとや、もう神を体得した人たちにはこれこれの種類があると。

つまり、プラヴァルタカ(初心者)、サーダカ(修行者)、シッダ(成就者)それからシッダのシッダ(完全成就者)、道が上がり始めたばかりの人をプラヴァルタカという。

礼拝祈祷の修行をして、つまりお祈り、称名、瞑想、讃神歌の詠唱などをしている人がサーダカだ。

神様がいらっしゃるということを直観と知性ではっきりと認めている人をシッダというのだ。

ヴェーダーンタ派がよくいう譬えだが、真っ暗な部屋で主人が横になっている。

誰かが主人を手さぐりで探している。

寝床の端に手でさわって言う――“これじゃない”。

窓枠にさわって言う――“これじゃない”。

戸にさわってまた――“これじゃない”と言う。

“ちがう(ネーティ)、ちがう(ネーティ)、ちがう(ネーティ)”。

最後には主人の体にさわったとき言う――“ここだ”。

これが主人、つまり“主人がここにいる”ことがわかる。

主人をつかんだが、まだ特に親しく知り合ったというわけではないよ。

それからもう一つ、シッダのシッダというのがある。

もし、主人と特別親しく話し合うことができたら、これはまた別な状態というものだ。

愛と信仰を通して、神様と親しく語り合うようになったらね。

神様にすっかり受けいれられたシッダ――神様と特別親しく語り合っていなさる御方をシッダのシッダと言うのだ。

だが、あの御方をつかんだら、一つの決まった態度をとらなきゃいけない。

シャーンタ、ダーシャ、サッキャ、ヴァッツァリャ、マドゥラのどれかだ。

シャーンタ(静かな)――これは古代の見神者(リシ)たちの態度。

かれらは外に何の楽しみも望まない。

ちょうど妻が夫に見も心も捧げているようなもので――自分の主人がカンダルパ(カーマデーヴァ、愛の神)だということを知っているのだ。

ダージャ(献身的な奉仕)――ハヌマンラーマーヤナの中で、ラーマの信者で猿の英雄)のような境地。

主ラーマの御用をするときはライオン並みになった。

立派な妻にもこの気持ちがあるもので、命がけで主人に仕える態度だ。

母親の中にもいくらかこんなのがある。

ヤショーダー(クリシュナの養母)がそうだったよ。

サッキャ(友愛の)――友達の態度だ。

さあおいで、そばにきて坐っておくれ。

シュリー・ダーマたちは主クリシュナに自分たちの喰いかけの果物を食べさせたり、取っ組み合いをしたりした。

ヴァッツァリャ(母の子に対する態度)――ヤショーダーの態度だ。

妻にも幾分この気持ちがある。――自分の生命をけずっても主人を養うという。

子供が満腹するまで食べたとき、はじめて母親は満足する。

ヤショーダーはクリシュナに食べさせようと、出来立てのバターを持ってあちこち歩き廻ったものさ。

マドゥラ(甘く美しい)――(主クリシュナに対する)聖マティー(ラーダー)の態度。

妻もマドゥラの気持ちをもつ。

この態度の中には、ほかの態度もすべて入っている――シャーンタも、ダーシャも、サッキャも、ヴァッツァリヤも」

 

モニ

「神を見るという場合、この眼で見えるのでございますか?」

 

聖ラーマクリシュナ

「あの御方は肉眼では見えない。

修行を続けていると、愛の体とでもいうようなものが出来てくるのだ。――そして愛の眼、愛の耳もね。

その愛の眼であの御方が見えるし、その耳であの御方の声がきこえてくる。

その上、愛のリンガ(男性生殖器)やヨーニ(膣)まで出来るのだ」

 

この言葉をきくと、モニはついウフフと吹き出してしまった。

タクルはきにもかけずに話し続けられる。

聖ラーマクリシュナ

「この愛の体で真我と交わるのだよ」

 

モニはまた厳粛な態度に戻った。

 

聖ラーマクリシュナ

「神に向かって猛烈な愛情を持たなければ、そんなふうにはならないよ。

猛烈に好きになれば、四方八方いたるところに神が見えてくる。

黄疸がひどくなれば、そうするとあたり一面が黄色く見えてくるようなものだ。

そのときは“あの御方がわたしだ”という感じになる。

酒飲みがひどく酔っぱらうと、「このおれさまがカーリーだ」と言うだろう。

ゴーピー(牛飼い)たちは愛に夢中になって、「この私がクリシュナだ」と叫びだした。

あの御方を夜となく昼となく思っていると、あの御方があたり一面に見えてくる。

ランプの炎をじっと見つづけてしばらく経つと、四方八方が炎だらけに見えてくる」

 

モニは内心で、「それは、本当の炎ではない」と思った。

タクルはそれを読み取ってこうおっしゃる。

「意識そのものを思っていれば意識を失うことはない。

シヴァナートが、「百回、神のことばかり考えていたら、頭がおかしくなる」と言ったから、私はかれに言ってきかせたよ。

至高意識そのものを想念しているのに、どうして無意識になるんだい?とね」

 

モニ

「そうです、わかります。

一時的な、すぐ変化したり滅びたりするものを想念するのではないからですね?

意識そのもの、生気そのものである御方に心を集中して、人間が無意識になったり知性を失ったりするはずがありません」

 

聖ラーマクリシュナはたいそう満足した様子で、

「これは神様のお恵みだよ。

あの御方のお恵みがなくては、疑いは晴れないものだ。

真我(アートマン)に対面しなくては、疑いや迷いは心からすっきり晴れないものだ。

あの御方のお恵みがあれば、もう何一つ恐れるものはない。

父親の手をつかんでいても、子供は転ぶことがあるよね?

だけど、父親が子供の手をしっかりつかんでいたら、もう大丈夫なんだ。

神様のお恵みがあって、疑いや迷いが消え、そのうえご対面下さったなら、もう何一つ苦しみや悩みはない。

だから、あの御方に届くように、ありったけの力で呼び続ける――つまり修行を熱心に続けていれば、お恵みがいただけるわけだよ。

子供がハァハァ言いながらあちこちかけ廻って探すのをみると、母親は可哀そうに思う。

隠れていたんだが、出てきてやる」

 

あの御方は、どうして我々をかけずり廻らせるのだろう、とモニはいぶかる。

――タクルは、すぐ察して話される。

「しばらくの間、かけ廻らせるのが神の御意(おこころ)だ。

だから面白いんだよ。

あの御方は、遊戯(リーラー)のためにこの世界をお創りになったのだ。

これがマハーマーヤー(大いなる現象、又は幻象)と呼ばれているのだ。

だから、その、力(エネルギー)と美と愛そのものである大実母(マー)にすがって護っていただくんだよ。

マーヤーの足枷につながれているんだから、この足枷を切りさえすれば神様にお会いできるのだ。」

(大聖ラーマクリシュナ 不滅の言葉  マヘンドラ・グプタ著)

 

 

次回も引き続き、「バクティ・ヨーガ」について、ご紹介したいと思います。

 

 

 

かれはあらゆる感覚機能をもつが

かれ自身には感覚器官が無い

一切を維持しながら一切に執着なく

物質性(グナ)を楽しんで 物質性(グナ)を超越している

 

全てのものの内にも外にもかれは在り

不動であって しかも動く

はるかに遠く また極めて近く

その精妙なこと とても肉体感覚では認識不可能だ

 

個々に分かれて存在するように見えるが

かれは決して分かれず常に一(ひとつ)である

かれは万生万物の維持者であるが

一切の絶滅者であり 創造育成者である

(バガヴァッド・ギーター第13章15ー17)

 

 

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡<お知らせ>♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

☆自己変容したい人

☆真理を体得したい人

☆束縛から解放され真の自由を得たい人

☆真我の目覚めを体験したい人

☆神の直接体験に与りたい人

 

など、魂の最終的な目的地に到達したい方々のために、

クンダリニー覚醒されましたシュリ・ナーナ先生から放たれるシャクティ・プラーナの恩寵に与るサットサンガ(真我の集い)、個人セッションが、毎月、各地で開催されています。

詳しくは、シュリ・ナーナ先生の公式ホームページをご覧下さい。

 

http://pranahna.com/ (真我が目覚めるとき――シュリ・ナーナ先生の公式HP)

 

シャクティ・プラーナによるシャクティ・パータは、サットサンガに6回以上参加した後、シュリ・ナーナ先生の個人セッションにて受けることができます。

 

☆また、サットサンガに6回以上参加されると、パートナーのキヨ先生の個人セッション、チャクラの浄化(活性化)セッションとサードアイ開眼セッションを受けることができ、自分の体にあるチャクラ(の強弱)を実際に体験し、浄化し、活性化することができます。

チャクラを浄化し、活性化することで、チャクラ周りの器官から放出されるエネルギーの生き生きとした循環が促され、身体における覚醒への準備を促すことができ、目覚めへの準備を整えることができます。

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

 

 

 

 

 

 

 

最高の愛(バクティ・ヨーガ) - 準備のための予備訓練(4)

「見神」(悟り)に至る道は、いろいろありますが、

今、ご紹介している道は、バクティ・ヨーガ、信仰の道です。

 

スワミ・ヴィヴェーカーナンダの遺されたお言葉から、真の「バクティ」(神への信愛)とは、どういうものか?について、ご紹介しています。

 

かなり厳しい内容のように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、これは解脱へ至る道ですから、平坦な道ではないことは当然であり、「狭き門」より入り、自己の本性を悟ることで、「永遠の実在」であるブラフマンに至る細くて狭い道なのです。

 

そして、この「バクティ・ヨーガ」が、末世(カリユガ)である現代においては、一番適した「悟りへの道」である、というスワミ・ヴィヴェーカーナンダの師(グル)でいらっしゃいます聖ラーマクリシュナのお言葉も併せて、ご紹介させて頂きます。

 

 

『このように、心がこの具体性という訓練を受けるものには様々な形式がある。

そこから、私たちは、一歩一歩、抽象的なものの理解、抽象的な悟りへと進んでゆく。

再び言うが、同じ形式がすべての人に合っているわけではない。

ある形式があなたに合っているし、別の形式がほかの誰かに合っているだろう、等々。

同じ目標に通じているにしても、すべての形式が私たち皆に合っているわけではない。

ここに私たちが犯しやすい別の過ちがある。

私の理想はあなたに適していない。

それなら、なぜ、私はあなたがたにそれを強制する必要があろうか。

私の教会の建て方や賛歌の読み方はあなたに合っていない。

それなら、なぜ、私はあなたにそれを強制する必要があろうか。

世界を回ってごらん。

馬鹿どもが皆、自分の形式だけが唯一正しい、ほかの形式はみな悪魔のものだ、そして、自分だけがこの世界に生まれた唯一の「選民」だと言うだろう。

これらすべての形式はみな良いもので、役に立っている。

そして、人間の性質にはさまざまの種類があるように、宗教にも数多くの形式が必要だ。

そしてその数が多ければ多いほど世の中にとってはよい。

世界中に20の宗教の形式があれば非常にけっこうだ。

400あればなおけっこうだ。

より多くの中から選択できるからだ。

だから、宗教と、宗教的な観念の数が増えて、何倍にもなれば私たちは喜んだほうがよい。

なぜなら、そうなればそれらがすべての人を含み、人類をよりいっそう助けれくれるからだ。

すべての人がほかの人とまったく異なった、自分自身の宗教を持てるほど宗教の数が増えたら、神にとってはどんなによかろう。

これがバクティ・ヨーガの観念だ。

その最終的な観念は、私の宗教はあなたのものではありえないし、あなたの宗教は私のものではありえないということだ。

目標と目的は同じだが、それぞれの人はその性癖にしたがって、別々の道をとらなければならないのだ。

そして、これらの道はさまざまであるが、それぞれの道はみな真実でなければならない。

それぞれが同じ目標に通じているからだ。

ひとつだけが真実で、ほかは間違いだということはありえない。

自分自身の道を選ぶことは、バクティの用語では、イシュタ、選ばれた道と呼ばれている。

それから、言葉がある。

あなたがたはこの言葉の力について聞いたことがあるだろう。

言葉は本当にすばらしい。

聖書、コーランヴェーダなどの聖典は言葉の力で満ちあふれている。

ある言葉は人間性の上にすばらしい力を及ぼしている。

それから、他の形式や象徴がある。

象徴は人類の心に大きな影響を与えてきた。

しかし、宗教の中の偉大な象徴は偶然にできたものではない。

私たちには、それらが思想の表現だということが分かる。

私たちは象徴を使って考える。

すべての言葉はその背後にある思想の象徴に過ぎない。

そして、民族が違えば理由を知らずに違う象徴を用いるようになる。

それは隠れている。

これらの象徴は思想と結びついている。

思想が象徴を外に引き出すように、象徴は、逆に、思想を内に引き入れることができる。

このように、バクティのこの部分は、象徴と言葉と祈りというさまざまの主題について告げる。

すべての宗教に祈りがある。

しかし、ここで銘記しておかなければならないのは、健康や富を求めてする祈りはバクティではないということだ。

それは皆カルマであり、報償を求める行為だ。

実質的な利益を求めてする祈りは、例えば、天国へ行くことを求めてする祈りなどはカルマに過ぎない。

神を愛し、バクタになることを求める人びとはこのような祈りをすべて捨てなければならない。

光りの国に入りたいと思う人は、この売り買いの、「商売」の宗教を全部束にして脇へ寄せ、それから、門に入りなさい。

あなたがたが祈り求めるものが得られないからではない。

何でも得られるだろう。

だがそれは卑しく、低俗な、乞食の宗教だ。

ガンジスの岸辺に住みながら、水を求めて小さな井戸を掘る者は本当に馬鹿だ。

ダイヤモンドの鉱山に来ていながら、ガラス玉を探す者は本当に馬鹿だ。

ダイヤモンドの鉱山である神に、健康や、夕食や、一枚の布切れを乞うことは何たることだ!

それらはこの世のガラス玉にすぎない!

この肉体はいつかは滅びる。

その肉体の健康を何度も何度も祈って何になるというのだ。

健康や富が何だというのだ。

大富豪だって、自分の富のほんのわずかしか使えない。

私たちはこの世にあるものすべてを手に入れることは決してできない。

そんなものを誰がきにするというのか。

なにか良いものがきたら、大歓迎。

それが行ってしまうのなら、よろしい。

行かせてやろう。

それらが来るならけっこうだ。

それらが行っても、やっぱりけっこうだ。

私たちは神を悟ろうとしているのだ。

王の中の王の面前に行きたいと努力しているのだ。

乞食の衣装ではそこへは行けない。

乞食の衣服で皇帝の面前に出たいと願ったとして、果たして、受け入れられるだろうか。

もちろん違う。

追い払われてしまうだろう。

私たちの神は、帝王の中の帝王だ。

私たちは乞食のぼろでその御前に行くことはできない。

商人もいまだかってそこに受け入れられたことはなかった。

売買はそこでは役に立たないからだ。

聖書にあるように、イエスは神殿から商売人たちを追い払った。

それなのに、ある人びとは「おお、主よ。わたしはこの小さい祈りをあなたがにお捧げします。

お返しに私に新しい洋服をお与え下さい。おお、主よ。

私の頭痛をお治し下さい。

明日はもう2時間お祈りします」

あなたがたの心の状態よりもう少し高く自分を置きなさい。

祈り求める小さなものより自分を高く考えなさい。

人が精神的エネルギーの全部をそんなものの祈りに使うとしたら、人と動物の違いはどこにあるというのか。』

(最高の愛  スワミ・ヴィヴェーカーナンダ)

 

 

『マリワリの信者

「お上人さま(マハーラージ)、ガンジス河の岸辺で死ななければ、解脱できないのでございますか?」

 

聖ラーマクリシュナ

「智識が完成すれば、解脱できるんだよ。

どこに居たってかまうものか--死骸やゴミが積み重なった山で死のうが、ガンジス河の岸辺で死のうが、正しい智識をもった人は解脱する。

だが、無智な人にとっては、ガンガーの岸辺がいいんだろうねえ」

 

マリワリの信者

「お上人さま(マハーラージ)、ベナレスで死ねば解脱できるというのは、どういうわけでございますか?」

 

聖ラーマクリシュナ

「ベナレスで死ぬとシヴァが会って下さる。

そして、『わたしのこの形をとった相(すがた)は、無明(マーヤー)のなかでとった姿だ。

わたしは、信者たちのためにこの相(すがた)をとっている。--さあ、見なさい。

わたしは完全無欠のサッチダーナンダに溶け込んでいく!』こうおっしゃって、その姿は消える!

プラーナでは、賤民でさえ神を信仰すれば解脱できると言っている。

この教義では、称名をしさえすれば解脱できると言う。

犠牲供養も、密教的修行も、マントラも、一切合切必要ないと言っている。

ヴェーダの考え方はこれとは別だ。

バラモン(祭祀を執り行う階級)でなくては解脱できない。

マントラを正しく発音して称えなければ、神は祭祀を受けつけない。

犠牲供養、秘密の修行、マントラのくり返し--みんな規則通りに行わなければならない」

「末世(カリユガ)の今、ヴェーダに書いてある通りの行事をする時間があるかい?

だから現代は、ナーラダのような”信仰”(バクティ)がいいのだ。

カルマ(行い)・ヨーガは大そう難しい。

無私の気持ちになれなければ、行いは束縛(しばり)の原因になる。

その上、食物なしには生きられないから--すべてのことをその通りに行うヒマがない。

昔ながらの木根草皮を十種類もあつめて煎じ薬をつくっているうちに、熱病人の方は間に合わなくてオダブツだ。

現代の熱サマシを飲まなけりゃだめだ。

ナーラダのような信仰--あの御方の名を唱え、讃歌をうたうことだ。

末世(カリユガ)にはカルマ・ヨーガは合わない。

信仰(バクティ)のヨーガが適している。

世間にいて、過去世でしのこした経験(ボーガ)がある分だけ仕事をしろ。

そして、神への信仰、恋慕の気持ちを養うことだ。

あの御方の名をとなえて讃歌をうたえば、過去の行為は帳消しになるからね。

仕事を一生の間する必要はないんだよ。

あの御方を清浄(きれい)な気持ちで慕うにつれて、仕事の方は減ってくる。

あの御方をつかんでしまえば仕事は捨てられる。

嫁が胎に子をはらめば、姑は家事を減らしてくれる。

赤ん坊が生まれたら、もう何もしないで子守だけしていればよくなる」

 

青年

「先生、智慧とはどういうものですか?」

 

聖ラーマクリシュナ

「神だけが真実在で、そのほかはすべて虚仮(こけ)。

これを知るのが智慧だ。

真実在--またの名をブラフマン

もう一つの名を”時”(カーラ)という。

だから、こう言われているよ。--『兄弟よ、ごらん、何と多くのものが”時”(カーラ)のなかに生まれ、”時”(カーラ)の中に消え去るか』

大実母カーリーは、”時”(カーラ)と交接なさる。

カーリーは根源造化力(アディアシャクティ)のことだ。

時(カーラ)とカーリー、ブラフマンと創造力(シャクティ)--不異(おなじ)ものだ。

”それ”(タット)、真実在のブラフマンは永遠だ。--

三世(過去、現在、未来)にわたって実在している。

初めも終わりもない。

それを言葉で表現することはできない。

無理して言えば、それは霊(精神)そのものであり、歓喜(よろこび)そのものだ。

世界は一時的なもの、あの御方だけ永遠だ!

われわれの見ている世界は魔術のようなものだ。

魔術師だけはほんとうにいるが、魔術師の見せる魔法はその場かぎりの現象だよ」

 

青年

「この世界は幻象(マーヤー)で、魔法だとおっしゃいますが、どうしてこの幻象(マーヤー)は、いつまでも消えないのでしょうか?」

 

聖ラーマクリシュナ

「前生から続いてきた錯覚で、幻象(マーヤー)は消えないのさ。

何度も何度もこの幻象(マーヤー)の世界に住み続けてきたから、この幻象(マーヤー)が実在だと思い込んでしまっているのさ。」

(大聖ラーマクリシュナ 不滅の言葉  マヘンドラ・グプタ著)

 

 

この錯覚を取り去ること、眼に見える現象はすべて幻象(マーヤー)だと見抜くこと。

それは同時に、永遠の真実在が、自己の本性として悟られることを意味します。

 

自分の中に、「神」を見い出すこと。

 

それが、「見神」であり、探求者にとっては、自己の本性を悟ることが、探求のゴールなのです。

 

 

 

さて、永遠の生命を得るために

知るべきことを これから説明しよう

大霊ブラフマンは無死であり

有と無を超越している

 

あらゆるところに かれの手あり足あり

眼も頭も顔も至る処にあり

至る処に耳があって全ての音を聞き

全てを覆いつくして時空に充満している

(バガヴァッド・ギーター第13章13ー14)

 

 

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡<お知らせ>♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

☆自己変容したい人

☆真理を体得したい人

☆束縛から解放され真の自由を得たい人

☆真我の目覚めを体験したい人

☆神の直接体験に与りたい人

 

など、魂の最終的な目的地に到達したい方々のために、

クンダリニー覚醒されましたシュリ・ナーナ先生から放たれるシャクティ・プラーナの恩寵に与るサットサンガ(真我の集い)、個人セッションが、毎月、各地で開催されています。

詳しくは、シュリ・ナーナ先生の公式ホームページをご覧下さい。

 

http://pranahna.com/ (真我が目覚めるとき――シュリ・ナーナ先生の公式HP)

 

シャクティ・プラーナによるシャクティ・パータは、サットサンガに6回以上参加した後、シュリ・ナーナ先生の個人セッションにて受けることができます。

 

☆また、サットサンガに6回以上参加されると、パートナーのキヨ先生の個人セッション、チャクラの浄化(活性化)セッションとサードアイ開眼セッションを受けることができ、自分の体にあるチャクラ(の強弱)を実際に体験し、浄化し、活性化することができます。

チャクラを浄化し、活性化することで、チャクラ周りの器官から放出されるエネルギーの生き生きとした循環が促され、身体における覚醒への準備を促すことができ、目覚めへの準備を整えることができます。

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

 

 

 

 

 

 

最高の愛(バクティ・ヨーガ) - 準備のための予備訓練(3)

前回と前前回の記事では、スワミ・ヴィヴェーカーナンダの遺稿集より、「見神」(所謂、「悟り」)の準備段階においては、感覚の制御という点から、「食物の識別、選択」が、非常に重要であるということ、また、そのための具体的な実践方法について、詳しくご紹介いたしました。

 

小さなモノも、積み重ねていくと、大きなモノとなります。

 

日々のちょっとした実践であっても、諦めずに続けていくと、やがて、人生の流れを大きく変えるきっかけとなることでしょう。

 

それは、実践した者のみが、手にすることができる果としての結実なのです。

 

今回は、同じく、スワミ・ヴィヴェーカーナンダの遺された遺稿集から、「バクティ(神を信愛する)とはどういうことか?」ということを、具体的に説明している部分をご紹介させて頂きます。

 

 

バクティは2つの部分に分かれている。

ひとつはヴァイデイと呼ばれ、形式的、儀式的なものだ。

もうひとつはムクヤと呼ばれ、最高のものだ。

バクティという言葉は礼拝の最低の形式から最高の形式まで、すべての領域を含んでいる。

世界中のあらゆる国、あらゆる宗教でみられる礼拝はすべて愛というもので順序づけられている。

単なる儀式であるものも数多くある。

儀式ではないけれども、まだ愛ではない、低い段階にあるものもある。

それでもこれらの儀式は必要だ。

バクティのこの外的な部分は魂の前進を助けるために絶対必要だ。

自分が最高の状態まで一跳びで到達できると考えているとしたら、大きな間違いだ。

そして、私は、あなたがたが、宗教は書物の中にも、知的に同意することの中にも、推理の中にもないという考えをつねに心に抱いていただきたいと思う。

推理、理論、教義、信条、書物、宗教的な儀式はすべて宗教に至る補助に過ぎない。

宗教そのものは悟りから成り立っている。

私たちはみな「神はいます」という。

あなたがたは神を見たことがあるのか。

これが問題なのだ。

ある人が「神は天にいます」というのを聞く。

あなたがたは、彼が神を見たかと尋ねる。

もし見たといったら、あなたがたは笑って、彼は気違いだというだろう。

大部分の人の場合、宗教はある種の知的な同意か、教義以上のものではない。

私は今まで一度もこのような宗教を説いたことはないし、それを宗教と呼ぶこともないだろう。

この種の宗教を持つよりは無神論者でいる方がましだ。

宗教は知的な同意とかには依存しない。

あなたがたは魂はあるという。

魂を見たことがあるか。

私たちはみな魂を持ち、それを見たことがないというのはどういうことなのか。

あなたがたはこの質問に答えなければならないし、魂を見る方法を発見しなければならない。

もしできなければ、宗教について話すことは無駄だ。

もし、何かの宗教が真実だとしたら、それは私たちに魂を示し、私たちの中にある神と真理を示すことができなければならない。

もし、私とあなたがたがこれらの教義や信条について永久に争ったとしても、決して何らかの結論に達することはないだろう。

人びとは長年このように闘ってきたが、結果はどうか。

知性は決してそこに到達することはない。

私たちは知性を超えていかなければならないのだ。

宗教の証明は直観の中にある。

壁の証明は私たちがそれを見ることにある。

もし、私たちがすわり込んで、その壁の存在や非存在について長年にわたって議論したとしても、何かの結論に到達することはない。

しかし、直接壁を見れば、それで十分だ。

世界中の人がみなそんなものは存在しないといったとしても、あなたがたは彼らを信じないだろう。

あなたがた自身の眼の証拠が、世界中のすべての教義や信条の証拠よりも勝っているということをあなたがたは知っているからだ。

宗教的になるためには、書物をまず船から捨てなければならない。

書物を読まなければ読まないほどよい。

一時に一事だけをせよ。

現代にあっては、西洋諸国では脳みそのごったまぜを作ることがはやっている。

あらゆる種類の不消化の観念が脳の中を暴れまわり、混沌を生じ、落ち着いてハッキリした形を形成する機会を持つことができないでいる。

多くの場合、それは一種の病気にはなるが、宗教ではまったくない。

そこで、中には神経的な感覚を求める人びともいる。

彼らに、見えない状態で存在し、彼らを見張っている幽霊とか、北極や、ほかのどこか遠いところからやってくる、羽を持ったり、グロテスクな格好をした人びとについて語り、彼らをぞっとさせたら、彼らは満足して家に帰るだろう。

しかし、24時間もたたないうちに、また新しい感覚を受け入れる準備をしているだろう。

ある人びとが宗教と呼んでいるのはこれだ。

これは精神病院に通じる道で、宗教に通じる道ではない。

あなたがたが1世紀もこの道を歩み続ければ、この国は巨大な精神病院と化するだろう。

弱虫は主に到達することはできない。

そして、このぞっとさせるようなものは弱さに通じるものだ。

したがってこのようなものには、一指たりとも触れてはいけない。

それらは、人を弱くし、脳をかき乱し、心を弱め、魂を堕落させ、そして、救いようもない混乱をその結果としてもたらすだけだ。

あなたがたは、宗教が、お喋りや、教義や、本の中にあるのではなく、悟りの中にあるということを銘記しなければならない。

それは、知ることではなく、在ることだ。

「盗むな」はみな知っている。

だが、それがどうだというのだ。

盗まなかったひとが、それを本当に知ったのだ。

「人を害してはならない」ということはみな知っている。

だが、それに何の価値があるのか。

害しなかった人がそれを悟ったのだ。

彼らはそれを知り、その上に彼らの性格を築いたのだ。

だから、私たちは宗教を悟らなければならない。

そして、宗教のこの悟りは長い道のりだ。

人びとは、何か非常に高級ですばらしいものことを聞くと、みな、それがすぐに得られるものだと思いこみ、その高みに至るまで、努力して徐々に進まなければならないということを考えるために、一瞬たりとも立ち止まろうとはしない。

彼らはみなそこまで跳び上がりたがるのだ。

もしそれが最高のものだとしたら、私たちこそそれにふさわしいと思う。

私たちは、自分たちが力を持っているかどうかを考えるために立ち止まろうとは決してしない。

その結果は、私たちは何もしないということだ。

あなたがたはくま手に人を乗せて、そこまで押し上げてやることはできない。

私たちは皆少しずつやりとげてゆかなければならないのだ。

したがって、宗教の最初の部分はこのヴァイディ・ヴァクティ信仰の低い段階だ。

信仰のこれらの低い段階とは何か。

それらが何であるかを説明する前に、私はひとつの質問をしたいと思う。

あなたがたは皆、神がいます、そして、神は遍在する実在だという。

しかし、あなたがたの遍在という観念は何なのか。

答えとして、あなたがたは、眼を閉じて、それがどのようなものであるかをいうだけに過ぎない。

そして、あなたがたは何を見いだすか。

あなたがたは、それまでに見たことのある、海とか、青空とか、草原の拡がりのようなものを思い浮かべるだろう。

もしそうだとしたら、あなたがたは「遍在する神」によって、何の意味のあることも言ってはいない。

あなたがたにとって、それはまったく何の意味もない。

神の他の属性についても同じことだ。

一般的に、全能とか全知について、私たちはどのような観念をもっているだろうか。

何も持っていない。

宗教とは悟ることだ。

そして、あなたがたが神の観念を悟ることができたとき、私はあなたがたを神の礼拝者と呼ぼう。

それまでは、あなたがたが知っているのは言葉のスペリングだけで、それ以上のものではない。

そして、私たちが悟ることのできる、この状態に到達するために、具体的なものを通らなければならない。

ちょうど、子供たちがまず具体的なものから出発し、それから徐々に抽象的なものに進むように。

もし、赤ん坊に5かける2は10を教えたとしても、理解できないだろう。

でも、10個のものでどうして5かける2は10なのかを見せてやれば、赤ん坊は理解するだろう。

それは、ゆっくりとした、長い過程だ。

私たちはここではみな赤ん坊だ。

私たちは年をとっていて、世界中の本を勉強したかもしれない。

しかし、この霊性の領域ではみな赤ん坊だ。

宗教を宗教とするのはこの悟りの力だ。

教養や、哲学や、論理学説をいくらたくさん頭に詰め込もうと、たいして問題にはならない。

問題になるのは、あなたが何であるか。

何を悟ったかということだけだ。』

(最高の愛 スワミ・ヴィヴェーカーナンダ)

 

 

時に、これらの言葉は、とても厳しく聞こえるかもしれませんが、その根底には、私たちを真の救済に導こうとする師(グル)の深い愛があることを感じます。

 

その道は、けっして平坦な道ではありませんが、それでも、敢えてその道を辿ろうと決めた人びとにとっては、その道を歩んでいくことは、けっして不可能ということはありません。

 

そのために、神は師(グル)という形で、この世に出現して下さっています。

 

その存在は、私たち探求者の心を照らして下さる光であり、神の恩寵そのものなのです。

 

 この事実を信じることのできる人、この神の恩寵に素直に与れる人は、迷うことなく、真直ぐに、導かれることになるので、探求者にとっては、道の短縮に繋がるでしょう。

 

 

 

至上者(わたし)に対する不動の信仰

世俗を離れ 静かな処に独居する希望

一般大衆 俗世間の人々と

無益な交際をしないこと

 

自己の本性を知る(さとる)ことの重要さを認識すること

絶対真理への探究心ーー

以上のことは智慧の本質であり

これに反することは無知無明である

(バガヴァッド・ギーター第13章11ー12)

 

 

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡<お知らせ>♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

☆自己変容したい人

☆真理を体得したい人

☆束縛から解放され真の自由を得たい人

☆真我の目覚めを体験したい人

☆神の直接体験に与りたい人

 

など、魂の最終的な目的地に到達したい方々のために、

クンダリニー覚醒されましたシュリ・ナーナ先生から放たれるシャクティ・プラーナの恩寵に与るサットサンガ(真我の集い)、個人セッションが、毎月、各地で開催されています。

詳しくは、シュリ・ナーナ先生の公式ホームページをご覧下さい。

 

http://pranahna.com/ (真我が目覚めるとき――シュリ・ナーナ先生の公式HP)

 

シャクティ・プラーナによるシャクティ・パータは、サットサンガに6回以上参加した後、シュリ・ナーナ先生の個人セッションにて受けることができます。

 

☆また、サットサンガに6回以上参加されると、パートナーのキヨ先生の個人セッション、チャクラの浄化(活性化)セッションとサードアイ開眼セッションを受けることができ、自分の体にあるチャクラ(の強弱)を実際に体験し、浄化し、活性化することができます。

チャクラを浄化し、活性化することで、チャクラ周りの器官から放出されるエネルギーの生き生きとした循環が促され、身体における覚醒への準備を促すことができ、目覚めへの準備を整えることができます。

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡