読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の人

永遠のダルマ(真理) - 智慧と神秘の奥義

「聖なる旅」の帯の言葉

Swami Rama が最後に出版した”Sacred Journey”という本を翻訳し、

「聖なる旅」と言う日本語のタイトルにして、

この春に出版する予定で、いま、作業を進めている最中ですが、

実は、ナーナさんに、この本の監修をお願いしました。

 

と言うのは、ナーナさんでないとわからない、はっきりとそうとは言えない(だろう)部分があり、

翻訳作業を進める過程で、ナーナさんの協力が不可欠だったからです。

 

もちろん、ナーナさんは、快く引き受けて下さり、ナーナさんのご協力により、

翻訳作業だけでなく、校正作業も格段と捗ったことは言うまでもありません。

 

そして、ナーナさんから、本に付ける帯に印刷する言葉まで頂き、

何とお礼を申しあげたら良いかわからないほど、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

表の帯の文章は、著者であるSwami Ramaの”Sacred Journey"の本文から取ったものです。

 

『 選択とは、神か富か、永遠か一時的か、ひとつか多くか、

  アートマンかこの世の願望か、ということです。

  ひとつの選択は、永遠の生であり、

  他の選択は、死から死を意味します。

  それが奥義なのです。』

         (スワミ・ラーマ Swami Rama)

 

そして、裏の帯の文章は、ナーナさんから頂いたものです。

 

『 この本を読み実践することで、

  アートマン(真我)への長い旅を短縮することができます。

  それは叡智への近道であり、至福に満ちた道です。

  アートマンは、実在であり、永遠の歓びなのです。

                 (ナーナ Nahna )

 

 

発売は、3月末を予定しています。

 

一人でも多くの人に読んでいただきたいと思います。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします♪

 

 

 

これが絶対真理(ブラフマン)と合一する道

ここに達すれば一切の迷妄(迷い)は消える

臨終の時においてすらここに到れば

必ずや無限光明の国に帰入する

(バガヴァッド・ギーター第2章72)