読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の人

永遠のダルマ(真理) - 智慧と神秘の奥義

ナーナさんのサットサンガ

今日は、ナーナさんのサットサンガのご紹介をしたいと思います。

 

毎回特に決まっているわけではありませんが、

ナーナさんのサットサンガは、まずは、心を静かにするために、約20分程度目を閉じて、心を落ち着けることから始まります。

 

心が穏やかになり静かになった後は、ナーナさんの指示に従い、自分自身でチャクラの浄化をします。

その後、参加者は、ナーナさんに、ひとりひとり、ナーナさんから湧き出でるプラナーナ(プラーナ)によるシャクティパータをして頂きます。

その後、時間があれば、参加者の感想や質疑応答のシェアリングがあります。

 

今回は、この質疑応答のシェアリングタイムに、参加者とナーナさんの間で交わされた会話の一部分をご紹介したいと思います。

(サットサンガでは、毎回ではありませんが、ナーナさんに参加者が発する疑問にお答え頂くことがあります。

尚、会話の内容は一部、読む人にわかりやすいようにしてあります。)

 

 

質問者

「ナーナさんは、どうして、サットサンガを開催しているのですか?

サットサンガに参加する者として知っておきたいと思いますので、お答え頂けると大変有り難いです」

 

ナーナさん

「それは、プラナーナ(プラーナ)のエナジーで思考が静かになり、自我意識のエゴが静かになっていくことで、目覚めが起きやすくなるからです。

目覚めるが起きるのは個々人ですが、プラナーナはその個々人に直接働いて、エゴが静かになるのを助けます。

目覚めの準備は、自力でやることも可能ですが、それには計り知れないほどの時間と労力がかかります。

プラナーナは、そのプロセスを格段に縮めることができ、プラナーナの力で自然にダイレクトに誘われ、目覚めの準備が整うので、迷いが生じず、結果として近道になります。」

 

質問者「目覚めは、エゴが静かにならないと起こらないのですか?」

 

ナーナさん「はい、そうです。」

 

質問者

「それでは、エゴがあると起こらない、つまり、“わたし”“わたしの”という気持ち・意識が目覚めの障害となっているということですか?」

 

ナーナさん「そういうことになります。」

 

質問者

「そうですか。。。わかりました。

それで、プラナーナのエナジーを直接受けて、本質のエナジーが働くと、

思考まみれの頭の中が空っぽになったり、心が穏やかになり静かになったり、

中には、身体まで無くなるような感覚になったりするのですね。

それは、エナジーがエゴに影響を与えているということですか?」

 

ナーナさん

「その他にも、エナジーは働きますが、その個別の実例は、ブログ“すべては本質の流れのままに”に参加者の体験談として掲載されていますので、読んで下さい。」

 

質問者

「今日は、あいまいだったことが、ナーナさんに直接お答え頂くことで、はっきりとしました。ありがとうございました。」

 

 

ナーナさんのサットサンガへ参加することは、目覚めへの近道!

 

それを多くの参加者が実感しており、わたしもその一人です。

 

ナーナさんは、いつもサットサンガで、目覚めは無私の心に起きる、と仰っています。

その無私の心は、個々人が自分で準備しなくてはなりませんが、

ナーナさんから湧き出でる本質のエナジー、プラナーナは、わたしたちにダイレクトに働き、

わたしたちひとりひとりが、無私の心の実現するのを助けてくれます。

 

ナーナさんは、サットサンガで、

純粋意識である“それ”は、何よりも清らかな心と体にこそ宿るのだと仰っています。

 

心と体を清らかにすることは、自己の努力でも可能ですが、

プラナーナの強力なサポートがあれば、その実現はグンと楽になり、それこそが恩寵だと実感しています。

 

ナーナさんのサットサンガは、シャクティパータの恩寵により、

真理を知り、愛を体験し、神であり永遠である真の自己が自分であるという究極の叡智に到ることを目指している人を、強力にサポートしてくれる希少な場です。

 

ひとりでも多くの人が、この叡智につながるという恩寵に与ることができることを願っています。

 

真理を知りたい人、変化変容をしたい人、悟りに関心がある人などは、

是非、その場のエネルギーを感じに、”真我の目覚め”のためのサットサンガへご参加下さい。

 

尚、ナーナさんのサットサンガへのご参加をご希望される場合は、

以下の公式ホームページよりお申し込みを受け付けています。

 

http://pranahna.com/ (真我が目覚めるとき――ナーナさんの公式ホームページ)

 

 

http://ameblo.jp/premagrace/ (すべては本質の流れのままに――サットサンガ参加者の体験談、感想)

 

 

正信正行の人々を救け(たすけ)

異端邪心のともがらを打ち倒し

正法(ダルマ)をふたたび世に興すために

わたしはどの時代にも降臨する

(バガヴァッド・ギーター第4章8)