永遠の人

永遠のダルマ(真理) - 智慧と神秘の奥義

クンダリニーについて

宇宙エネルギーであるプラーナについて、数回にわたりご紹介してきましたが、今回は、私たちの内部に眠っていると言われています生命エネルギーの源であるクンダリニーについて、ご紹介したいと思います。

 

日本では、あまり知られていないクンダリニーですが、インドで発祥したヨーガでは、クンダリニーを目覚めさせることが、ヨーガの目的の一つとして考えられているほど、よく知られた存在です。

 

これまでと同様、スワミ・シヴァナンダの著書からの抜粋を引用させて頂きますが、ここに書かれていることは、比喩でも例え話でもなく、実際に存在するものを、その存在を知らない人々にも理解できるように、言葉を使っての説明となっています。

 

クンダリニーという生命エネルギーの源の力が目覚めないと、本当の意味での霊的な意識は目覚めない、と多くの聖者が語っています。

 

それでは、クンダリニーとは、一体どのようなモノなのでしょうか?

 

クンダリニーは、誰にでも眠った形で内在していますが、そのことに気づいている人は、極少数です。

 

眠った状態で内在しているクンダリニーは、目覚めさせ、体験することが必要ですが、ここでは、知識として、どのようなモノであるか?について、簡単ではありますが、ご紹介したいと思います。

 

 

クンダリニーは、蛇がとぐろを巻いたような姿で、尾てい骨の下、肛門の上にあるムーダーラーダ・チャクラ(根の力の中枢)に、顔を下に向け、三回半とぐろを巻いて眠っている状態にあり、サーペント・パワー(蛇の力)とも呼ばれている。

クンダリニーはプラーナとつながり、プラーナは心とつながっている。

チャクラとは体内にある各エネルギー・センターを指す。

知識の道を辿るヴェーダンタの人びとも、クンダリニーの力の覚醒を通じて初めて超越意識を達成するのである。

ラージャ・ヨーガ、バクティ・ヨーガ、ニューナ・ヨーガのいずれも、この根源のエネルギーの覚醒なしには、サマーディ(三昧)あるいは、宇宙の真理と一体になる超越意識、超常能力への到達は不可能である。

世俗的な情欲と欲望が実際になくならなければ、クンダリニーの力とエネルギーは目覚めない。

シャクティ(力)を揺り動かす、打つ、動き回る、などがクンダリニーを覚醒させるのに役立つ。

強く動かす、はクンダリニーをさらに上昇させるのに役立つ。

クンダリニーの力が目覚めると、脊髄のなかにある、スシュムナー管を勢いよく上昇する。

するとすべての知覚が精神的空間の中で起きるようになる。

クンダリニーが目覚めた後、プラーナは、脊髄の中にある気道の流れ、プラフマ・ナーディーのスシュムナー管を、心とアグニと呼ばれる火を伴って、上に向かって昇る。

その時体に灼熱を感じる。

こうしてヨーギーは、肉体意識の呪縛から解き放たれ、物質世界から自由になれる。

初めてクンダリニーが目覚めるとすぐに、ヨーギーは短期間に、次の六つの経験をする。

アーナンダ「神聖な歓喜」、カムパナ「体のさまざまな部分の震え」、ウドバーヴァ「地面からの浮上」、クールニー「神聖な酔い、体は丸く動く」、ニドラー「眠り」、ムールッチャー「気絶」。

クンダリニーが目覚めた後、頭頂部のサハスラーラ・チャクラまで上昇させなければならない。

クンダリニーが下のチャクラ(エネルギーの中枢)から上のチャクラへ動く時、それぞれのチャクラの扉を開けて進んでいく。

ヨーギーはそれぞれのチャクラごとに別の種類のアーナンダ(至福)を経験する。

種々の超常的能力を得るとともに、さまざまな体験をする。

地水火風空の五大元素の支配ができる力を得る。

宇宙を、細やかな本来の姿で感知できるようになる。

さまざまのコーザル、原因体レベルの完全な知識を取得する。

クンダリニーがサハスラーラ・チャクラに到達すると、チダーカーシャという無限の智識としてのブラフマンに入る。

チャクラが開くと輝く光を発するが、超常的で常人の目には普通見えない。

 

からだには7つのチャクラ、いわゆる精神エネルギーのセンターが存在する。

一番下が肛門付近にあるムーラーダーラ・チャクラ(根のチャクラ)で、ここには蛇のようにとぐろを巻いてクンダリニーの力が眠っている。

その少し上にスヴァーディスターナ・チャクラ(脾臓のチャクラ)、次が臍にあるマニプーラ・チャクラ、心臓部にあるアナーハタ・チャクラ、喉にあるヴィシュッダ・チャクラ、眉間にあるアージュナー・チャクラ、頭上のサハスラーラ・チャクラである。

ラージャ・ヨーギーは眉間のアージュナー・チャクラに心を集中する。

このチャクラは目覚めている時に心がある場所で、ここに心を集中すれば、容易に心を支配できる。

ある人は、瞑想で精神集中していると「光」を見ることがある。

宇宙として顕われた神を瞑想しようとする人や、世界を助けたいと思っている人は、ここに心を集中するとよい。

修行者は、感情の中心であるハートに心を集中するとよい。

ハートに心を集中する人は大きな歓びを得る。

ハタ・ヨーギーは心を脊髄の中央の気の流れる管、スシュムナー・ナーディーに集中する。

と同時に、ムーラーダーラ・チャクラ、マニプーラ・チャクラ、アージュナー・チャクラの集中する。

あるヨーギーは体の下部にあるチャクラを無視し、アージュナー・チャクラだけに心を集中する。

アージュナー・チャクラを支配すれば、下のチャクラも自然に支配できると考えている。

チャクラに心を集中すると、まず心とチャクラの間に糸のようなつながりができる。

こうして覚醒された力は、スシュムナー管を経て、チャクラからチャクラへとスシュムナー・ナーディーを上昇する。

この上昇は忍耐強く徐々に行うことが重要である。

スシュムナー管の開口部がかすかに揺れるだけでも、表現しがたい大きな歓びを感じ、至福に酔い、俗世を全く忘れる。

スシュムナーの開口部が少し開くと、クンダリニーの力がスシュムナー管に入ろうとする。

その時強い放棄と離欲の思いが起こる。

恐れが全くなくなり、さまざまなヴィジョンを見ることが多い。

そこで表現しがたい内なる輝きを見る。

これをヨーギーの「心の存在しない状態」と呼ぶ。

いろいろな超常能力、さまざまな歓喜、さまざまな知識が、チャクラが開かれることによって得られる。

ムーラーダーラ・チャクラを支配すれば、地を支配したのである。

マニプーラ・チャクラを支配すれば、火を支配し、火の事故はなくなる。

下から五つのチャクラは、地、水、火、風、空の五大元素を支配している。

しかしクンダリニーの覚醒など、高度な技術は、必ずヨーガに熟練したグルの丁寧な指導のもとで学ばねば危険を伴うので、むやみに我流でやらぬよう注意を喚起しておく。』

(ヨーガとこころの科学 スワミ・シヴァナンダ)

 

 

 

>グルの恩恵があっても、心のコントロールができないのはどうしてか。

 

スワミ・シヴァナンダ

「自助努力(プルシャッタ)して初めて、神の恩寵・恩恵が得られるのである。

入学試験で、教授が答えを教えて合格させてくれるわけではない。

「ギーター」に「自分を高めるべし。神の恩恵は自助努力する者を助ける」と記されている。

自分を救う道は自分の努力で見つけるしか方法はない。

では「恩寵とはいったい何なのか」と問うかもしれない。

たとえば、ある修行者がグルから手紙を受け取り、日頃の疑問が解ける。

それが恩寵である。

求道者がシバナンダ・アシュラムを訪れ、ガンガーで沐浴し、アシュラムの講義を聴くことができる。

それが神の恩寵である。

何千何百万ルピーを持った金持ちたちも、聖なるガンガーで沐浴したいと願っている。

しかしすべての願いが叶えられるわけではない。

あなたがここに来られたというのはラッキーで、それは大いなる神の愛の成せるわざである。

精神を向上させる書物との出会いも恩寵である。

健康に恵まれて努力が続けられるのも恩寵である。

神が望めば、一瞬にして全世界を救済することも可能であるが、神はそうはしない。

努力する者にのみ、神の愛は自然に流れ込む。

すべて恩寵である。」

 

>超越した世界のことなど求めなくとも、誠実で、思いやりを持ち、正直に社会の幸福のために働き、善良な人間として死ねば、それでよいのではないか。

 

スワミ・シヴァナンダ

「人生を誠実に生きて死んだら、あなたは聖人としてではなく、善良な人としてだけ死ぬことになる。

それでは、解脱(モクシャ)することはできない。

善良な人間は数多くいるが、覚者と言える人の数はごくわずかである。

真の求道者と呼べる人でさえ、最近は稀である。

あなたが言う「善良な人」のカテゴリーの中でも、善良の度合はさまざまである。

たとえば、ガンジーのように善良な人が何人いるであろうか。

善良な人とは、どういう人を指すのか。

正直で、誠実、人を思いやり、敬虔な人たちのことかもしれないが、彼らも本質的には自己中心的である。

財産を貯めるのも、自分の妻や子供たちのためのであって、他人の子供も自分の子供同然と考えているであろうか。

町で甘い菓子を買い、最初に他人の子にそれを食べさせる人がいるだろうか。

善人でもそのようなことはしない。

それはすべてが一つだという宇宙真理を知らないからだ。

この真理が認識されない限り、どうして離欲や本当の意味の無私の奉仕が実行できようか。

善良な人間になろうという理想は、動物本能の悪い生き方よりは勝る。

しかし、善良な人間になるという理想は、大きな目標到達への一段階でしかなく、目的そのものでは決してない。

最終的な目的は、神を知って解脱することである。

神への第一歩として人は、善良であり、善を成すべきである。

さらに、真理を識別する力、離欲、正しく生きる態度を養い、瞑想、ジャバ(誦経)、キルタン(讃歌)、経典の学習をする。

そうすれば霊性が高まり、神の恩寵により、最終目標に到達することができるであろう。

途中で留まっては意味がない。

 

>スワミジ、なぜ解脱を求める必要があるのですか。

 

スワミ・シヴァナンダ

「解脱について理解するためには、サットサンガに参加し、聖典を学ぶ必要がある。

さまざまな欲望や悪いサムスカーラ(潜在印象)で曇った知性は、解脱の重要性すら自覚できない。

そういう知性は有害である。

『バガヴァッド・ギーター』を読み、サットサンガに参加しなさい。

聖者やスワミの話を聞きなさい。

そうすれば、真実を識別できる心(ヴィヴェーカ)が生まれる。

やがてこの世が、苦痛、悲しみに満ちていることが見えてくるだろう。

家や車の所有、社会的地位や財産、高い給料だけでは心は満足しなくなる。

そこで求道心が芽生える。

神の意識を悟りたいと願うようになる。

あなたをがっかりさせない、永遠の幸せを手に入れるためには解脱が必要である。」

(ヨーガと空の科学 スワミ・シヴァナンダ)

 

 

 

 

わたしが至上者であることを知る者は

迷わぬ者であり 全てを知る者である

アルジュナよ 彼は全身全霊をもって

わたしを礼拝しわたしに仕えるのだ

 

罪無き者よ いままで教えた真理のなかで

最も神秘な部分を今 わたしは話した

これを理解する者は誰でも賢明になり

やがて究極の目的を達するであろう

(バガヴァッド・ギーター第15章19-20)

 

 

 

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡<お知らせ>♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

☆自己変容したい人

☆真理を体得したい人

☆束縛から解放され真の自由を得たい人

☆真我の目覚めを体験したい人

☆神の直接体験に与りたい人

 

など、魂の最終的な目的地に到達したい方々のために、

クンダリニー覚醒されましたシュリ・ナーナ先生から放たれるシャクティ・プラーナの恩寵に与るサットサンガ(真我の集い)、個人セッションが、毎月、各地で開催されています。

詳しくは、シュリ・ナーナ先生の公式ホームページをご覧下さい。

 

http://pranahna.com/ (真我が目覚めるとき――シュリ・ナーナ先生の公式HP)

 

シャクティ・プラーナによるシャクティ・パータは、サットサンガに6回以上参加した後、シュリ・ナーナ先生の個人セッションにて受けることができます。

 

☆また、サットサンガに6回以上参加されると、パートナーのキヨ先生の個人セッション、チャクラの浄化(活性化)セッションとサードアイ開眼セッションを受けることができ、自分の体にあるチャクラ(の強弱)を実際に体験し、浄化し、活性化することができます。

チャクラを浄化し、活性化することで、チャクラ周りの器官から放出されるエネルギーの生き生きとした循環が促され、身体における覚醒への準備を促すことができ、目覚めへの準備を整えることができます。

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡