読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の人

永遠のダルマ(真理) - 智慧と神秘の奥義

アートマン(真我)への道は、永遠の至福への道

アートマン(真我)は、人間の真の本性である」と書きましたが、

そのことは、知識(頭)で理解するのではなく、体験を通して悟られなくては、真にわかったとは言えません。

 

”ミルクは、その話を聞くだけでは知ったことにならず、見ただけでもまだ十分ではなく、飲んで初めてミルクを知ったことになる”と聖ラーマクリシュナは語っています。

 

それでは、今回は、アートマン(真我)について語っている聖ラーマクリシュナのお言葉をご紹介させて頂きます。

アートマン(真我)こそが、人間の真の本性である、とヴェーダ聖典には書かれています。

 

先ずは、アートマン(真我)とは、どのようなモノか?について知らなくては、一般人が、それを見て、そして体験していく、というプロセスには発展しにくいでしょう。

 

 

聖ラーマクリシュナ

『チャイタニヤ様には三つの境地がおありだったーー

第一は外の境地ーーこのとき粗大なもの(粗大体)や微細なもの(微細体)に心が向いていた。

第二は半外半奥の境地ーーこのときは心は原因体に入って、その歓喜に浸っていた。

第三は深奥の境地ーーこのときは心は大原因に引き込まれていた。

ヴェーダンタの”五つの鞘”と、これはとてもよく一致するんだよ。

粗大体というのは物質鞘(食物鞘)と生命鞘(プラーナ鞘)にあたる。

微細体はつまり、精神鞘(意思鞘)と覚智鞘(理智鞘)にあたる。

原因体は歓喜鞘だ。

大原因は五鞘を超越している。

大原因に心が入ると、つまり三昧だ。

これはニルヴィカルパサマディ(三昧)とかジェダサマディ(三昧)と呼ばれている。

チャイタニヤ様は、”外の境地”のときは称名したり讃神歌をうたったりなすった。

”半外半奥の境地”のときは信者たちといっしょに踊りなすった。

”深奥の境地”のときは三昧にお入りになった」

 

アートマン(真我)は肉体ではないという証拠は何でございますか?」

 

聖ラーマクリシュナ

「しょうこ?

神は見えるんだよ。

修行をすれば、あの御方のお恵みによって見神できるんだ。

リシ(賢者)たちはアートマンを直視なすった。

サイエンスでは神の実体を知ることはできないよ。

あれはただ、コレのなかにアレを混ぜるとこういうものになる、アレとソレをいっしょにすればコレができる、というようなすべて感覚でとらえられることがわかるだけーー。

だから、科学を理解する知性だけでは、それ以上の問題を覚ることはできないんだ。

サドゥ(行者)と交わることだ。

医者について歩き廻っていると、いつの間にか脈の抑え方がわかってくる。

 

行が必要だよ。そうすりゃ本質がつかめる。

聖典の文章を暗記しても何にもならん。

シッディ、シッディ(お神酒)と口で言うだけじゃ酔いはしないだろ。

シッディを飲まなけりゃだめだ。

神を見る話を人に分からせることはできないよ。

五つの子供に、夫婦間の歓びの話を分からせることはできないだろう?」

 

「おっしゃる通りでございます。

・・・・ときに、真我発見は、どんな方法で出来るものでしょうか?」

 

聖ラーマクリシュナ

「真我を見る方法は一心不乱になることだ。

見も心も言葉もいっしょになって、あの御方に届こうと努力することだよ。

胆汁が多くなると、黄疸にかかってあらゆるものが黄色に見える。

黄色以外はどんな色も見えなくなる。

お前たち役者のなかで女の役ばかりしている者は、女のような性質になるものだよ。

女の子ことばかり考えていると、気持ちの態度も女のようになる。

それと同じように、夜となく昼となくあの御方のことばかり考えていると、あの御方自身の性質が自分のものになるんだよ。

心をある色に染めると、そっくりその色になる。

心は洗濯屋にある衣類だ。

先ず心を清め、その次に神への思いに向けておく。

そうすりゃちゃんとその色になる」

(大聖ラーマクリシュナ 不滅の言葉 マヘンドラ・グプタ著 より)

 

 

アートマン(真我)を探求していく道を辿る人は、極少数かもしれませんが、

ナーナさんが、今月30日に発売になる本『聖なる旅-目的をもって生き、恩寵を受けて逝く』の帯に寄せて頂きました

 

「この本を読み理解し実践することで、アートマン(真我) への長い旅を短縮することができます。

それは叡智への近道であり至福に満ちた道です。

アートマンは実在であり永遠の歓びです。

アートマンは、真の実在であり、永遠の至福なのです」

 

というお言葉を心に留め、共に、永遠の至福への道を歩んでまいりましょう。

 

 

 

スワミ・ラーマの『聖なる旅ー目的をもって生き、恩寵を受けて逝く』は、3月30日発売です。

ご購入は、すべてのインターネット書籍通販、全国の書店から、お買い求めいただけます。

詳しい内容を知りたい方は、こちらをご覧ください。

 

 

聖なる旅『目的をもって生き 恩寵を受けて逝く』スワミ・ラーマ 著 | Pranahna Official HP 〜 真我が目覚めるとき 〜

 

 

 

わたしが至上主であると知る者は

迷わぬ者であり 全てを知る者である

アルジュナよ 彼は全身全霊をもって

わたしを礼拝し わたしに仕えるのだ

(バガヴァッド・ギーター第15章19)