読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の人

永遠のダルマ(真理) - 智慧と神秘の奥義

見神とマーヤー(幻妄)

前の記事で、霊意識が目覚めることについて書きましたが、

ラーマクリシュナが遺された言葉に、更に詳しい説明がありましたので、

併せてご紹介させて頂きます。

 

「ムラダーラに長く眠れるクンダリニー

 いざ頭頂に昇るのが おんみのつとめ

 主なるシヴァのもと 千瓣の蓮華に

 六つの階段を通り すべての哀しみをとり去り

 かの霊妙美麗なる至高の意識に

 

この歌には、六つのチャクラを通り抜けることがうたわれている。

神は外にもいらっしゃるし、内にもいらっしゃる。

あの御方は内から心の様々な状態をあらわされるのだよ。

六つのチャクラを通り抜けると、マーヤー(幻妄)の領分から離れて個我は至上我と一つになるんだ。

これを見神というんだよ。

マーヤーが戸口から退いてくれないと神様は見えない。

間にマーヤーがあるから人間には神様が見えないのだ。

だがね、神様のお恵みがあればマーヤーは戸口から退いてくれる。

ちょうど、戸口の番人が旦那の命令で退くようなものさ。

ヴェーダンタの考え方と、プラーナの考え方と、二通りあってね。

ヴェーダンタの意見だと、この世は”幻の幕”つまり、世界はすべて虚構で夢まぼろしのようなものだと言う。

しかし、プラーナの意見や信仰の書では、神そのものが二十四の宇宙存在原理になっておられる、と言っている。

だから、あの御方を内にも外にも拝め、と。

”私”という感じをあの御方が残しておきなさる限りは、あらゆるものはあるんだよ。

夢まぼろしどころじゃない。

下に火が燃えているから、鍋の中で豆だの米だのイモや葉っぱだのがゴトゴトいっている。

跳ね上がったりしては、『私はいると、私は跳ねているよ』と言い張っているように見える。

身体が鍋で、心と知性が水で、感覚の対象が豆、米、イモ、葉っぱというわけだ。

”我”がそいつらのウヌボレで、『私がゴトゴトいっているんだ!』と思っているんだよ。

そして、サッチダーナンダ(真・智・喜)が火なのだ。

 

ところが又、”信仰の書”では、この世は”遊び小屋”だと言っている。

信仰者たちは、神がマーヤーになっていらっしゃるのだ、と見ている。

あの御方が、生きとし生けるものとこの世になっていらっしゃるのだ、とね。

神--マーヤーーー生物ーー世界、これを一つに見ている。

 

それで、”信仰の書”では、力(シャクティ)がすべてであるという意見だ。

ラーマがすべてになっておられるのだが、しかし、シャクティはある場所には多く、在る場所には少なく顕れている。

いわゆる”神の化身”はあの御方の顕れ方のひとつであり、普通の生物もひとつの顕れ方だ。

神の化身にだって肉体感覚はあるよ。

身体を持つことがマーヤーなんだ。

シーター妃を慕って、ラーマは泣きなすった。

けれども、神の化身は自分から望んで自分の目に目隠しをしている。

子供が鬼ごっこをするようにね。

母親が呼べばすぐ遊びはおしまいだ。

だが、普通の人間は話が別だよ。

かれらの目隠し布の後ろは、八つのピンでしっかりと止めてある。

八つの足枷だ。

恥ずかしい、憎らしい、恐ろしい、差別する気持ち、自分と家族だけがかわいい気持ち、それに取り越し苦労、陰口たたき、悪い習慣--この八つの足枷だ。

霊の師(グル)が取り除いてくれなければどうしようもない。」

 

「はい、--ときに、グルはどうしても必要でございましょうか?」

 

「大部分の人には必要だね。

そして、グルの言葉を信じなくてはいけない。

グルを神様だと思って見ていれば、それが出来るはずだよ。

だからヴィシュヌ派の信者たちは、グルとクリシュナとヴィシュヌは一体なり、と言っている。

のんびりやってちゃダメだ。

世間の楽しみにうつつを抜かしている連中は、『いずれ、そのうちに神様にもお目にかかるとしよう』といった調子だがね。

カリユガ(末世時代ー物質万能主義の時代)だから、一日一晩も泣いて祈れば神様にお会いできる。

自信を持ってこう言えーー『あんたが私を創ったのだから、会ってくれるべきだ!』と。

この世にいようがどこにいようが、神様は人の気持ちをちゃんと見ていらっしゃる。

この世のものに執着している心は湿ったマッチ棒みたいなもので、いくら擦っても火が付かん。

前進しろ。

木こりは先へ先へと進んで白檀の木を見つけ、銀の山を見つけて、金の山を見つけて、まだ先へ進んでダイヤの山を見つけた。

無智な人は土壁で囲った部屋の中に住んでいるようなものだよ。

なかにも光はないし外のものも見えない。

智慧を獲て、それからこの世で暮らしている人は、ガラス張りの部屋にいるようなものだ。

内部のものも見えるし外部のものも見える。」

 

「先生、グルにつかなくては智識は得られぬとお思いですか?」

 

「サッチダーナンダ(真・智・喜=無形の神)こそがグルなんだ。

もし、ある人がグルとして、霊の意識を目覚めさせてくれたのなら、それこそ、ほかでもないあのサッチダーナンダが、人間の姿になって現れたのだということを、はっきり心得ておくことだ。

グルは仲間のようなものでね、手にとって目的地に連れていってくれる。

だが、至聖(かみ)を見た後は、グルとか弟子とかいう感じはなくなる。

”それは大そう厄介なところ、グルも弟子もないところ”だからね。

ブラフマン智を得たならば、もう師匠と弟子の区別はなくなるからだよ。

師弟の関係は、神を見ない間だけだ」

 

「どのような方法で至高(かみ)にふれることができるか、何とぞお教え下さい」

 

「一番だいじなのは信念だ。ほしいと思うものが得られる根本は信念だよ。

信念が出来上がったら、もう何も恐れるものはない」

 

(大聖ラーマクリシュナ 不滅の言葉 マヘンドラ・グプタ著 より)

*サッチダーナンダ(サット=永遠の実在、チット=完全円満な智慧、アーナンダ=絶対の至福)

 

 

サッチダーナンダ(真・智・喜)は、無相無想の無形の神。

グルは、サッチダーナンダ(真・智・喜)が、人間の形をとって現れた有形の神、つまり、神の化身(アヴァター)と言うことになります。

 

神の化身がこの世に現れたことは、一部の人には信じがたいことかもしれませんが、

恩寵の扉は、いま、すべての人に、開かれています。

 

その恩寵に与ることで得られる宝は、”見神”です。

 

ナーナさんにつながることは、この恩寵の経路につながることです。

ナーナさんのサットサンガに参加することは、この恩寵の経路につながり、

やがては、”見神”というダイヤモンド以上の宝を手にすることなのです。

 

 

導師に近づいて真理を学び

うやうやしく問い 教えに従って師に仕えよ

自己の本性を覚った見真の人は

弟子に智識を授けることができるのである

(導師=見真に導てくれる師、見真の人=真理をさとった人)

(バガヴァッド・ギーター第4章34)