読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の人

永遠のダルマ(真理) - 智慧と神秘の奥義

永遠の人のもうひとつの呼び名

「先生、社会人として生活していても悟ることができるのですか?」

 

「誰でも、解脱できるのだ。

だが、霊の教師(グル)の教えに従ってついていくことだ。

曲がりくねった道に踏み込んだら苦しいからね。

そして、解脱するのが随分と遅くなる。

この生涯ではできないかもしれない。

何度も何度も生まれ変わったあとで、やっと成功するだろうよ。。。」

 

「霊の教師(グル)の教えということをおっしゃっていましたが、グルはどうすれば見つかるのでございますか?」

 

「誰でもグルになれるわけではない。

しっかりして剛気な木は、自分も水に浮いているが、大ぜいの動物を乗せて運ぶこともできる。

貧弱な木の上に乗っかれば、木も沈んでしまうし、乗っかったものも沈んでしまう。

だから、神様はその時代その時代に、人びとを導くために、自らグルの姿になってこの世に現れ給うのだよ。

サッチダーナンダ*(真・智・喜=実在)こそがグルだ。

智慧とは何を指すか?

そして、ワタシといっているものは何者なのかね?

神のみが行動者で、ほかはすべて何でもない(行動者ではない)。

これを智慧というのだ。

ワタシは何の行動もしない。

あの御方の手に使われる道具だ。」

 

ブラフマン智に到達すれば、ほんとうに何が正しいのかわかるようになるのだ。

神のみ実在で、ほかは皆、非実在

ブラフマンのみ真実で、世界は錯覚。」

(大聖ラーマクリシュナ 不滅の言葉 マヘンドラ・グプタ著 より)

*サッチダーナンダ(サット=永遠の実在、チット=完全円満な智慧、アーナンダ=絶対の至福)

 

 

 

またその上に、アルジュナ

わたしは全存在を生み出す種子である

動くもの 動かぬものも

わたし無しには存在し得ない

(バガヴァッド・ギーター第10章39)